調べ物案内

名古屋なんでも調査団

「名古屋なんでも調査団」とは

▲ページトップへ

調査団よりお知らせ

2018年8月18日NEW!
「鶴舞公園に龍がいた?!」調査日誌 No.3「昭和3年の鳥瞰図に動物園の池が描かれていた」追加しました!!
2018年8月9日
発見!名古屋の偉人伝 No.16(高力猿猴庵(こうりきえんこうあん)の巻)追加しました!!
2018年8月2日
調査団報告書 No.69(揚輝荘ができてから今年で百年。地下に謎のトンネルがあったってほんと?)追加しました!!
2018年6月7日
こんななごや本あります 2冊追加!!
2018年4月12日
名古屋物語 2冊追加!!
2018年4月5日
なごやカレンダー 4月11日、4月18日、4月19日 追加しました!!

▲ページトップへ

「鶴舞公園に龍がいた?!」調査日誌

調査団員の一人が「名古屋市立鶴舞公園附属動物園」の平面図の中に不思議な文字を発見した!
それは実在するはずのない動物で...?!

◇調査日誌◇

2018年8月31日(金曜日)まで公開調査を行っています。詳しくは、下記ページをご覧ください。
☆ イベント情報:鶴舞中央図書館 名古屋なんでも調査団・公開調査「鶴舞公園に龍がいた!?」

▲ページトップへ

こんななごや本あります

みんなの調べもののお手伝いをする名古屋なんでも調査団。団員は、本や新聞、データベースなどあらゆる手段を駆使して調べものをしています。調べもののために本をそろえるのも調査団の大事な仕事。調べ物に役立つ本はないか?この本はこんな時に使えるのでは?団員は、日々アンテナをはりつつ、新刊書店だけでなく、古書店もめぐります。時には、市民の方から貴重な資料をいただくことも。
ここでは、調査団おすすめの「見て楽しい、調べて役立つ本」をご紹介!

※なお、こちらで紹介した本は、貴重な郷土資料のため、保存の観点により館外貸出ができません。ご覧になりたい方は、鶴舞中央図書館2階4番窓口でおたずねください。
※表紙の画像掲載に関する著作権の許諾については、出版者の許可をいただいております。


■ 新しく追加されたなごや本はこちら ■

No. 書名・表紙画像 著者名 出版者 出版年 コメント 内容画像
1 『愛知縣の毛織服地』
(『愛知縣の毛織服地』表紙画像)
  愛知県 1937 昭和12(1937)年当時の愛知県による毛織物の品質検査について書かれた本です。検査方法や器具が紹介されています。合格品表示のデザインがかわいいですね。 (『愛知縣の毛織服地』内容画像)
2 『大名古屋運河祭』
『大名古屋運河祭』表紙画像)
  [出版者不明] [1937] 昭和12(1937)年8月1日に中川運河で開催されたお祭りの写真集です。児童剣道大会・ボートレース・児童相撲大会が行われ、盛り上がった様子が伝わってきます。 (『大名古屋運河祭』内容画像)

「こんななごや本あります(2018年6月改訂)」<PDF形式 272KB>

get adobe reader
PDF形式のファイルを閲覧するにはAdobe Reader(無料)が必要です。
※AcrobatReader5.0以上を推奨しています。

▲ページトップへ

発見!名古屋の偉人伝

郷土の偉人といえば、すぐに思いつくのが三英傑(徳川家康・豊臣秀吉・織田信長)ですが、名古屋にはまだまだスゴイ人がたくさんいます。ここでは、知られざる名古屋の偉人をご紹介。気になったら、ぜひ参考文献も手に取ってみてくださいね!
※画像掲載に関する著作権の許諾については、出版者の許可をいただいております。

◇発見!名古屋の偉人伝◇

  → 発見!名古屋の偉人伝バックナンバー

get adobe reader
PDF形式のファイルを閲覧するにはAdobe Reader(無料)が必要です。
※AcrobatReader5.0以上を推奨しています。

▲ページトップへ

調査団報告書

▲ページトップへ

今日は何の日?なごやの日!なごやカレンダー

○月×日に名古屋で何があったのか・・・。
これを見れば、すぐわかる。調査続行中。

今日は ・・・ 

※明治5年の改暦以前は旧暦を用いています。

★他の日も見たいときはこちら・・・ なごやカレンダー

▲ページトップへ

名古屋物語

あるなら読みたい、でも探すのは難しい、名古屋を舞台にした小説。
そんなときは、このリスト「小説で読む名古屋(2018年4月改訂)」<PDF形式、692KB>から探してみよう。
名古屋の魅力がいっぱいのものから、思わず見落としそうな1カット登場のものまで、名古屋を描いた小説を集めました。

★名古屋度とは★
「その作品にどのくらい名古屋が登場しているか」を基準に、3段階に分けました。
☆☆☆(高) ... 全編を通じて名古屋の魅力が伝わってくる。
☆☆(中) ... 名古屋が出てくるのは半分程度。あるいは、登場は少ないけれど印象が強い。
☆(低) ... 名前だけなど、ごく少ない場面で使われている。あるいは、名古屋が舞台と思われるが確証はない。


■ 新しく追加された小説はこちら ■

No. 書名 著者名 出版者 出版年 名古屋度 コメント
1 『村でいちばんの首吊りの木』 辻真先/著 中央公論社 1994 ☆☆ 上飯田のアパートで事件が起きる。
2 『維新に先駆けた絵師とつげん・いっけい』 津木林洋/著 森村記念館 2016 ☆☆ 江戸時代末期の画家田中訥言とその弟子宇喜多一蕙の物語。牧墨僊、山本梅逸、中林竹洞など尾張の画家との交流を描く。本町通りの料理屋、門前町の極楽寺などが出てくる。

「小説で読む名古屋(2018年4月改訂)」<PDF形式、692KB>

get adobe reader
PDF形式のファイルを閲覧するにはAdobe Reader(無料)が必要です。
※AcrobatReader5.0以上を推奨しています。

▲ページトップへ

なんでも調査団支部編

名古屋なんでも調査団は、名古屋のことならどこよりも調べることをモットーに、日々活動しています。名古屋市内各地での活動の成果をまとめましたので、ぜひご利用ください。

◇活動成果◇

  → 調査団支部編バックナンバー

get adobe reader
PDF形式のファイルを閲覧するにはAdobe Reader(無料)が必要です。
※AcrobatReader5.0以上を推奨しています。

▲ページトップへ

きみも調査団

調査団作成の名古屋調査のヒント!

レファレンス事例集

...名古屋市図書館に寄せられた質問に対する回答や回答に至るまでのプロセスについて、その一部を紹介します。
 過去に寄せられたレファレンス事例を検索できます(レファ協のページが開きます)。

なごやりさ~ち

...名古屋に関するテーマを中心に、名古屋市図書館の資料を活用した調べ方についてご紹介します。
(江戸時代の尾張の人物、名古屋の新聞、尾張の城館、電話帳、地図、会社情報・社史)

類縁機関

...図書館ではありませんが、図書・雑誌やビデオ・CDなど各種資料を所蔵し、公開している機関を類縁機関と呼んでいます。
 名古屋市内の類縁機関のリンク集です。

メールレファレンス

...名古屋のことを調べているけどなかなかわからない!そんなときの最終手段はこちらから。調査団がお手伝いします。
 メールレファレンス受付画面が開きます。

▲ページトップへ

お問合せ先

Copyright (c) 2008- Nagoya City Library. All rights reserved.