感染拡大防止のため、本を読む前、読んだ後は手を洗いましょう。みなさまのご協力をお願いします。

検索結果書誌詳細

  • 書誌の詳細です。 現在、この資料への予約は 0 件あります。
  • ・予約するときは「予約カートに入れる」ボタンをクリックしてください。予約するには図書館窓口で発行したパスワードが必要です。
    ・「予約カートに入れる」ボタンが出ない書誌には予約できません。
    詳しくは「マイページについて-インターネットで予約するには」をご覧ください。

蔵書情報

この資料の蔵書に関する統計情報です。現在の所蔵数 在庫数 予約数などを確認できます。

所蔵数 1 在庫数 1 予約数 0

書誌情報サマリ

書名

講座認知言語学のフロンティア 6  言語習得と用法基盤モデル

著者名 山梨正明/編
出版者 研究社
出版年月 2009.6
請求記号 801/00210/6


この資料に対する操作

カートに入れる を押すと この資料を 予約する候補として予約カートに追加します。

いますぐ予約する を押すと 認証後この資料をすぐに予約します。


登録する本棚ログインすると、マイ本棚が利用できます。


資料情報

各蔵書資料に関する詳細情報です。

No. 所蔵館 資料番号 資料種別 配架場所 別置 帯出 状態
1 鶴舞0235434719一般和書2階開架文学・芸術在庫 

書誌詳細

この資料の書誌詳細情報です。

請求記号 801/00210/6
書名 講座認知言語学のフロンティア 6  言語習得と用法基盤モデル
著者名 山梨正明/編
出版者 研究社
出版年月 2009.6
ページ数 172p
大きさ 21cm
巻書名 言語習得と用法基盤モデル
ISBN 978-4-327-23706-6
分類 801
一般件名 認知言語学   言語発達
書誌種別 一般和書
内容注記 文献:p149〜168
内容紹介 認知言語学の文法理論としてLangackerが提唱した「用法基盤モデル」の観点から、個体発生としての言語習得、特に「構文」の習得を中心に考察するとともに、言語進化への認知言語学からの展望を図る。
タイトルコード 1000910026320

要旨 本巻では、認知言語学の研究パラダイムを背景にした言語習得の研究を、用法基盤モデルの観点から解説する。特に、構文の習得過程に焦点をおき、一語発話、二語発話、ゲシュタルト構文、動詞島現象、スキーマ化のプロセス、構文交替現象、構文の拡張と創造的言語使用など、言語習得にかかわる主要テーマを取り上げ、これらの言語習得の問題を体系的に解説する。これまでの生成文法中心の言語習得観とは異なった、新たな方向を探求していく。
目次 第1章 認知言語学と言語習得
第2章 初期言語発達
第3章 構文文法と言語習得
第4章 用法基盤モデルと構文の習得
第5章 言語進化への認知言語学的展望
第6章 総括と一般的展望


内容細目表:

前のページへ

本文はここまでです。


ページの終わりです。