としょかんでつくったほんのリスト

「読み聞かせ応援ブック(心構えと準備に役立つ参考図書)」

家庭で読み聞かせするのとは違い、たくさんの子どもたちの前で読み聞かせをするときにはあらかじめ準備をしましょう。
難しい、大変そうと思われるかもしれませんが、子どもたちと一緒にお話の世界を楽しむためには必要なことです。
読み聞かせの仕方や心構えなどについて書かれた本を3冊ご紹介します。みなさんの疑問や不安の解決の道筋になるかもしれません。ぜひ、活動のご参考にしていただければと思います。

   書  名  著者名出版者出版年コメント
1 えほんのせかいこどものせかい 松岡享子/著 日本エディタースクール出版部 1987 子どもを本の世界に招き入れるためにはどんなことに気をつけて何を行えばいいのか?東京子ども図書館名誉理事長(2016年現在)の著者が自らの経験を基に書いた本です。読み聞かせ活動を続けたい方、必読の1冊!
2 ねえこの本読んで! 赤の巻 赤木かん子/著 リブリオ出版 2001 子どもに本を読む前に知っておくべき心構えがのっているため、全ボランティアさん必読です。本の持ち方開き方ものっていて、読みやすくてわかりやすいので、入門書としても最適です。
3 読み聞かせわくわくハンドブック 家庭から学校まで 代田知子/著 一声社 2001 読み聞かせとは何か?から始まり、読み聞かせの魅力、良い絵本の選び方や上手な読み方など、読み聞かせについての基本的なことが分かる本。これ1冊を読んでから読み聞かせにのぞむと安心できます。巻末にジャンル別ブックリスト「こんな時にこんな本を」あり。

| お問合せ先 | アクセシビリティについて | 個人情報の取り扱いについて | 免責事項について |

Copyright (c) 2008 - Nagoya City Library. All rights reserved.