ページの先頭です。
本文へジャンプする。
ここから本文です。

お知らせ

本の展示

北里柴三郎没後90年」≪展示期間:6月1日(火)から6月30日(水)≫

2021年6月11日

展示期間:2021年6月1日(火曜日)から6月30日(水曜日)

6月13日(日)で北里柴三郎没後90年を迎えます。
北里柴三郎は日本医師会の創立者で、主にペスト菌や破傷風菌の研究を行いノーベル賞受賞したことで有名な医学・細菌学者です。
昨今の新型コロナウイルス感染症の治療にも役立っている彼に敬意を込めて、細菌にまつわる本を集めてみました。

展示の様子の写真
展示の様子

■ 主な展示資料 ■

No. 書名 著者名 出版者 出版年 分類 コメント
1 日本の科学者101 村上陽一郎/編 新書館 2010 402106 北里柴三郎を含め101名の日本の偉大なる科学者についてマスターできてしまう1冊です!
2 ときめく微生物図鑑 塩野正道/写真 山と溪谷社 2016 465 おそらく柴三郎の目にも映っていたであろう顕微鏡でみえる美しい世界をあなたも覗いてみませんか?
3 ウイルス・細菌・カビ 微生物の働きや影響がわかる!   畠山昌則/監修 日東書院本社 2013 4917 柴三郎が発見したペスト菌をはじめ、我々の生活には縁がないと思える様な微生物について、少し理解を深めてみませんか?