感染拡大防止のため、本を読む前、読んだ後は手を洗いましょう。みなさまのご協力をお願いします。

検索結果書誌詳細

  • 書誌の詳細です。 現在、この資料への予約は 0 件あります。
  • ・予約するときは「予約カートに入れる」ボタンをクリックしてください。予約するには図書館窓口で発行したパスワードが必要です。
    ・「予約カートに入れる」ボタンが出ない書誌には予約できません。
    詳しくは「マイページについて-インターネットで予約するには」をご覧ください。

蔵書情報

この資料の蔵書に関する統計情報です。現在の所蔵数 在庫数 予約数などを確認できます。

所蔵数 1 在庫数 1 予約数 0

書誌情報サマリ

書名

シリーズ日本人と宗教 2  近世から近代へ  神・儒・仏の時代

著者名 島薗進/編 高埜利彦/編 林淳/編
出版者 春秋社
出版年月 2014.11
請求記号 162/00201/2


この資料に対する操作

カートに入れる を押すと この資料を 予約する候補として予約カートに追加します。

いますぐ予約する を押すと 認証後この資料をすぐに予約します。


登録する本棚ログインすると、マイ本棚が利用できます。


資料情報

各蔵書資料に関する詳細情報です。

No. 所蔵館 資料番号 資料種別 配架場所 別置 帯出 状態
1 鶴舞0236554853一般和書2階開架人文・社会在庫 

書誌詳細

この資料の書誌詳細情報です。

請求記号 162/00201/2
書名 シリーズ日本人と宗教 2  近世から近代へ  神・儒・仏の時代
並列書名 Religion and the Japanese
著者名 島薗進/編   高埜利彦/編   林淳/編
出版者 春秋社
出版年月 2014.11
ページ数 5,267p
大きさ 22cm
巻書名 神・儒・仏の時代
ISBN 978-4-393-29942-5
分類 1621
一般件名 宗教-日本
書誌種別 一般和書
内容紹介 日本人にとって宗教とは何か、という根源的な問いに答える試み。2は、神道・儒教・仏教の交錯した近世の宗教のありかたと、近代に生まれた「宗教」概念について考察する。
タイトルコード 1001410075891

要旨 本巻は、神道・儒教・仏教の交錯した近世の宗教のありかたを具体的に考察し、近代の「宗教」概念の変遷をも視野に、日本人にとって宗教とは何かを問い直す。
目次 序章 神・儒・仏の時代
第1章 「天道」思想と「神国」観
第2章 神・儒・仏の交錯―「太平記読み」とその時代
第3章 近世仏教と民衆救済―黄檗宗の利他の精神と社会事業
第4章 神・儒・仏の三教と日本意識
第5章 民衆信仰の興隆
第6章 「復古」と考証
第7章 近代的世界像と仏教―梵暦運動と須弥山儀
第8章 宗教概念と日本―Religionとの出会いと土着思想の再編成
著者情報 若尾 政希
 1961年生まれ。東北大学大学院博士課程単位取得退学。現在、一橋大学教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


内容細目表:

前のページへ

本文はここまでです。


ページの終わりです。