図書館案内

本の展示

南図書館 「岡本太郎の世界」≪展示期間:10月20日(土)~11月15日(木)≫

2018年10月26日

展示期間:2018年10月20日(土曜日)~11月15日(木曜日)

大阪万博(1970年)のテーマ館「太陽の塔」は、芸術家 岡本太郎が制作しました。そして2018年3月から、その「太陽の塔」の内部が再生され、現在大阪の万博記念公園内で公開中です。
南図書館では、岡本太郎の著作をはじめ、大阪万博、彼が影響を受けた縄文土器の本などを展示します。また、名古屋周辺にある岡本太郎作のパブリックアートも紹介します。

展示の様子です。(南図書館 「岡本太郎の世界」)展示の様子です。

名古屋周辺のパブリックアートも紹介しています。(南図書館 「岡本太郎の世界」)名古屋周辺のパブリックアートも紹介しています。

■ 主な展示資料 ■

No. 書名 著者名 出版者 出版年 分類 コメント
1 岡本太郎にであう旅 岡本太郎のパブリックアート 岡本太郎/[作],大杉浩司/著,平野暁臣/プロデュース 小学館クリエイティブ 2015 70216 日本全国に散らばっている、岡本太郎のパブリックアートのガイドブック。
2 太陽の人・岡本太郎 芸術、人生、かの子・一平との親子関係 岡本敏子/監修,文芸散策の会/編 JTB 1999 7231 並外れた両親のこと、ピカソやミロとの交友録等が書かれた太郎の伝記。
3 日本再発見 芸術風土記 岡本太郎/[著] KADOKAWA 2015 29109 戦後、秋田から長崎まで日本各地を歩き、その土地の人や風土についてまとめたエッセイ。
4 サルビルサ スズキコージ/作 架空社 1996 スズキコージは岡本太郎から影響を受けた絵本作家のひとりです。

▲ページトップへ

お問合せ先

Copyright (c) 2008- Nagoya City Library. All rights reserved.