図書館案内

本の展示

山田図書館 「小さな出版社の本たち」≪展示期間:3月2日(木)~4月26日(水)≫

2017年3月3日

展示期間:2017年3月2日(木曜日)~4月26日(水曜日)

山田図書館 「小さな出版社の本たち」

近年、注目を集めている一人出版社や、少人数で立ち上げられた出版社の本を紹介します。企画から装丁まで、こだわりをもって作られた個性派ぞろいの本たちを味わってください。また、地域の歴史や文化を発信している出版社の本(名古屋近郊)も紹介します。

下記PDFもご覧ください。
☆ 山田図書館 「小さな出版社の本たち」リスト<PDF形式 115KB>

get adobe reader
PDF形式のファイルを閲覧するにはAdobe Reader(無料)が必要です。
※AcrobatReader5.0以上を推奨しています。

■ 主な展示資料 ■

No. 書名 著者名 出版者 出版年 分類 コメント
1 おやすみ神たち 川島小鳥/写真,谷川俊太郎/詩 ナナロク社 2014 748 谷川俊太郎の詩と、川島小鳥が台湾で撮った写真で構成される美しい写真集。ページによって紙の厚さや質感が違う。
2 あしたから出版社 島田潤一郎/著 晶文社 2014 023 作家になる夢をあきらめ、31歳で一人出版社「夏葉社」を立ち上げた、島田潤一郎さんの熱い物語。
3 きみを嫌いな奴はクズだよ 歌集 木下龍也/著 書肆侃侃房 2016 911168 「いきますか」「ええ、そろそろ」と雨粒は雲の待合室をでてゆく(本文より)。新鋭の若き歌人の歌集。
4 せやしだし巻京そだち 小林明子/原作,ハンジリョオ/漫画 140B 2010 C 1960年代京都の呉服屋に生まれたアッコちゃんと、周囲の人々が織りなす、リアルな京都コミックエッセイ。
5 獺祭 天翔ける日の本の酒 勝谷誠彦/著 西日本出版社 2014 58852 人気の日本酒「獺祭(だっさい)」の、誕生から海外進出に至る現在までの、二十数年間の物語。

▲ページトップへ

お問合せ先

Copyright (c) 2008- Nagoya City Library. All rights reserved.