ページの先頭です。
本文へジャンプする。
ここから本文です。

お知らせ

行事報告

山田図書館 「やってみよう!!目で手で耳で本をよむ 読書のバリアフリー《12月3日~9日は障害者週間》」を行いました

2018年12月12日

山田地区には県立特別支援学校、及び障害者(児)施設があり、障害を持つ利用者の来館が少なくありません。
そこで、山田図書館では、平成30年12月1日(土曜日)に「やってみよう!!目で手で耳で本をよむ 読書のバリアフリー《12月3日~9日は障害者週間》」を開催し、大きな文字の本・さわる布の絵本・マルチメディアデイジーなど、文字を読むのが難しい方向けの様々な形の読書ツールを紹介し、あわせて図書館の障害者サービスを案内しました。
講師には、「大きな文字の青い鳥文庫」や目が見えにくい人を手助けするための、読書のバリアフリー関連の本を出版している会社、読書工房の代表をなさっていらっしゃる成松一郎先生、マルチメディアDAISYという目と耳でよむ本を作って、図書館等へご寄贈くださっている公益財団法人 伊藤忠記念財団 電子図書普及事業部長の矢部剛先生をお招きしました。
児童から高齢の方まで幅広い年代の方41名にご参加いただき、読書のバリアフリーへの理解を深めていただく機会となりました。また、当日は手話通訳・要約筆記も入り、耳が聞こえにくい方にもご参加いただける行事としました。

  • 白内障の疑似体験を通じて、字の大きさや字体による読みやすさの違いを知りました。(山田図書館 「やってみよう!!目で手で耳で本をよむ 読書のバリアフリー」を行いました)

    白内障の疑似体験を通じて、字の大きさや字体による読みやすさの違いを知りました。

  • iPadでマルチメディアデイジーを体験しました。背景色・読み上げ速度などを、読みやすいように設定できます。(山田図書館 「やってみよう!!目で手で耳で本をよむ 読書のバリアフリー」を行いました)

    iPadでマルチメディアデイジーを体験しました。背景色・読み上げ速度などを、読みやすいように設定できます。

  • 大きな文字の本・さわる布の絵本・点字つき絵本・LLブック等、図書館の資料を使いながら、講座をすすめました。(山田図書館 「やってみよう!!目で手で耳で本をよむ 読書のバリアフリー」を行いました)

    大きな文字の本・さわる布の絵本・点字つき絵本・LL(エルエル)ブック等、図書館の資料を使いながら、講座をすすめました。

  • 耳が聞こえにくい方のため、手話通訳と要約筆記で内容を紹介しました。(山田図書館 「やってみよう!!目で手で耳で本をよむ 読書のバリアフリー」を行いました)

    耳が聞こえにくい方のため、手話通訳と要約筆記で内容を紹介しました。(協力:名古屋市認定 手話通訳者・要約筆記者)

  • 館内に常設の「バリアフリー本コーナー」を設けました。(山田図書館 「やってみよう!!目で手で耳で本をよむ 読書のバリアフリー」を行いました)

    館内に「バリアフリー本コーナー」(常設)を設けました。