ページの先頭です。
本文へジャンプする。
ここから本文です。

お知らせ

行事報告

瑞穂図書館 「瑞穂区の遺跡を知ろう! ~縄文時代の村 大曲輪遺跡を中心に~」を行いました

2018年11月27日

瑞穂図書館では、平成30年11月17日(土曜日)に、文化財保護室と共催で「瑞穂区の遺跡を知ろう! ~縄文時代の村 大曲輪(おおぐるわ)遺跡を中心に~」を実施しました。
まず文化財保護室の纐纈学芸員に講演いただき、その後、付近の遺跡を散策しました。
講演は、名古屋の地勢、歴史などについてのお話の後、縄文時代を中心に、大曲輪遺跡など遺跡についての説明がありました。この大曲輪遺跡から出土した人骨のレプリカが、名古屋市博物館に展示されています。
講演の後は、近くの大曲輪遺跡、下内田貝塚、瑞穂1号墳、2号墳を散策しながら、瑞穂区の地形や歴史についても説明していただきました。
お天気にも恵まれ、いにしえの瑞穂に思いをはせた時間となりました。

  • 講演会のはじまりです(瑞穂図書館 「瑞穂区の遺跡を知ろう! ~縄文時代の村 大曲輪遺跡を中心に~」を行いました)

    講演会のはじまりです

  • 遺跡見学:山崎川のほとりにて(瑞穂図書館 「瑞穂区の遺跡を知ろう! ~縄文時代の村 大曲輪遺跡を中心に~」を行いました)

    遺跡見学:山崎川のほとりにて

  • 遺跡見学:瑞穂1号墳にて(瑞穂図書館 「瑞穂区の遺跡を知ろう! ~縄文時代の村 大曲輪遺跡を中心に~」を行いました)

    遺跡見学:瑞穂1号墳にて