感染拡大防止のため、本を読む前、読んだ後は手を洗いましょう。みなさまのご協力をお願いします。
千種図書館は工事のため、令和4年8月4日から臨時休館します。
詳細はトップページの「重要なお知らせ」をご覧ください。

検索結果書誌詳細

  • 書誌の詳細です。 現在、この資料への予約は 0 件あります。
  • ・予約するときは「予約カートに入れる」ボタンをクリックしてください。予約するには図書館窓口で発行したパスワードが必要です。
    ・「予約カートに入れる」ボタンが出ない書誌には予約できません。
    詳しくは「マイページについて-インターネットで予約するには」をご覧ください。

蔵書情報

この資料の蔵書に関する統計情報です。現在の所蔵数 在庫数 予約数などを確認できます。

所蔵数 2 在庫数 2 予約数 0

書誌情報サマリ

書名

四つの小さなパン切れ

著者名 マグダ・オランデール=ラフォン/[著] 高橋啓/訳
出版者 みすず書房
出版年月 2013.5
請求記号 956/00045/


この資料に対する操作

カートに入れる を押すと この資料を 予約する候補として予約カートに追加します。

いますぐ予約する を押すと 認証後この資料をすぐに予約します。


登録する本棚ログインすると、マイ本棚が利用できます。


資料情報

各蔵書資料に関する詳細情報です。

No. 所蔵館 資料番号 資料種別 配架場所 別置 帯出 状態
1 鶴舞0236221917一般和書2階開架文学・芸術在庫 
2 守山3132109475一般和書一般開架 在庫 

書誌詳細

この資料の書誌詳細情報です。

請求記号 956/00045/
書名 四つの小さなパン切れ
著者名 マグダ・オランデール=ラフォン/[著]   高橋啓/訳
出版者 みすず書房
出版年月 2013.5
ページ数 182p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-622-07751-0
原書名 Quatre petits bouts de pain
分類 956
一般件名 アウシュビッツ強制収容所
書誌種別 一般和書
内容紹介 16歳のときにアウシュヴィッツ=ビルケナウに強制収容され、家族でただ1人、そしてハンガリーのユダヤ人の中でも数少ない生き残りとなった著者が、恐怖と死の記憶を超えて、いかに人生を取り戻したかを静かに綴る。
タイトルコード 1001310014921

要旨 16歳のとき、マグダはアウシュヴィッツ=ビルケナウに強制収容された。母と妹は到着するなりガス室で殺され、別れのまなざしを交わすことさえできなかった。家族でただ一人、そしてハンガリーのユダヤ人の中でも数少ない生き残りとなった著者は、長い沈黙ののちに、言葉を紡ぎはじめる。そして中高生にみずからの経験を語り伝える活動を始め、さらに数十年の時を経て、本書が生まれた。「わたしは偶然のほほえみに照らされた道を選んだ」。ここにあるのはナチスへの告発ではなく、恐怖と死の記憶を超えて、いかに人生を取り戻したかを静かに綴る、生についての記録だ。新たな世代のために勇気をもって語られた、貴重な証言。
目次 時のみちすじ(まなざし
出発
ある一日
しらみ
パン ほか)
闇から喜びへ(わたしの人生の意味
最後のとき
ハンガリー
危機
直感 ほか)
著者情報 オランデール=ラフォン,マグダ
 1927年、ハンガリーに生まれる。児童心理学者。16歳のとき、アウシュヴィッツ=ビルケナウ収容所に、母と妹とともに強制収容される。家族のなかでただ一人生き延び、戦後はベルギーを経てフランスに居住する(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
高橋 啓
 1953年、北海道に生まれる。翻訳家。早稲田大学文学部卒(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


内容細目表:

前のページへ

本文はここまでです。


ページの終わりです。