感染拡大防止のため、本を読む前、読んだ後は手を洗いましょう。みなさまのご協力をお願いします。
千種図書館受取の予約は、工事のため令和4年7月21日からできません。
詳細はトップページの「重要なお知らせ」をご覧ください。

検索結果書誌詳細

  • 書誌の詳細です。 現在、この資料への予約は 0 件あります。
  • ・予約するときは「予約カートに入れる」ボタンをクリックしてください。予約するには図書館窓口で発行したパスワードが必要です。
    ・「予約カートに入れる」ボタンが出ない書誌には予約できません。
    詳しくは「マイページについて-インターネットで予約するには」をご覧ください。

蔵書情報

この資料の蔵書に関する統計情報です。現在の所蔵数 在庫数 予約数などを確認できます。

所蔵数 1 在庫数 1 予約数 0

書誌情報サマリ

書名

グローバリゼーションと植民地主義

著者名 西川長夫/編 高橋秀寿/編
出版者 人文書院
出版年月 2009.3
請求記号 3345/00061/


この資料に対する操作

カートに入れる を押すと この資料を 予約する候補として予約カートに追加します。

いますぐ予約する を押すと 認証後この資料をすぐに予約します。


登録する本棚ログインすると、マイ本棚が利用できます。


資料情報

各蔵書資料に関する詳細情報です。

No. 所蔵館 資料番号 資料種別 配架場所 別置 帯出 状態
1 鶴舞0235394368一般和書2階開架人文・社会在庫 

書誌詳細

この資料の書誌詳細情報です。

請求記号 3345/00061/
書名 グローバリゼーションと植民地主義
著者名 西川長夫/編   高橋秀寿/編
出版者 人文書院
出版年月 2009.3
ページ数 376p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-409-24081-6
分類 3345
一般件名 植民地   グローバリゼーション
書誌種別 一般和書
内容注記 文献:p367〜372
内容紹介 グローバル化と呼ばれる世界の変動は、9・11以後、帝国主義的・植民地主義的な様相を深めている。「国内植民地」「グローバル・シティ」などを手がかりに、「新たな」植民地主義に対する批判の回路と課題を考える。
タイトルコード 1000910000321

要旨 「国民国家と多文化社会」シリーズ最終集。グローバル化と呼ばれる世界の変動は、とりわけ9・11以後、帝国主義的・植民地主義的な様相を深めている。グローバル化が第二の植民地主義であるなら、植民地主義の再生産装置たる国民国家はどのように機能してきたのか。「国内植民地」「グローバル・シティ」「戦後日本」などを手がかりに、「新たな」植民地主義に対する批判の回路と課題を考える。
目次 いまなぜ植民地主義が問われるのか―植民地主義論を深めるために
1 “新”植民地主義(“新”植民地主義とマルチチュードのプロジェクト―グローバル・コモンの共創に向けて
フランスの事例にみる「植民地忘却」を考える―『“新”植民地主義論』を手がかりに ほか)
2 国内植民地(国内植民地論に関する覚え書
千島列島の内国化と国際的環境―片岡侍従の千島派遣を中心に ほか)
3 グローバル・シティ(都市のグローバル性/植民地性
アジア・メガシティとポスト・グローバルシティの位相 ほか)
4 戦後と植民地以後(「難民入植」と「開発難民」のあいだ―戦後開拓を考える
現在に抗する戦後に向けて ほか)
著者情報 西川 長夫
 1934年生。京都大学大学院文学研究科博士課程修了。文学博士。立命館大学大学院先端総合学術研究科名誉教授。比較文化論、フランス研究(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
高橋 秀寿
 1957年生。立命館大学文学研究科博士課程後期単位取得退学。文学博士。立命館大学文学部教授。ドイツ現代史・記憶文化論(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


内容細目表:

前のページへ

本文はここまでです。


ページの終わりです。