ページの先頭です。
本文へジャンプする。
ここから本文です。

お知らせ

本の展示

南図書館 ミナミシネマ名作映画会連携企画「旅人」≪展示期間:3月20日(土)~4月25日(日)≫

2021年3月24日

展示期間:2021年3月20日(土曜日)~4月25日(日曜日)

展示の様子

南図書館では、南文化小劇場主催のミナミシネマ名作映画会『シェーン』(外部リンク)の連携企画として、資料展示「旅人」を行います。
映画では、アメリカ ワイオミングの高原地帯に一人の旅人 シェーンがたどり着き、開拓移民の一家の世話になります。ラストシーンがあまりにも有名な傑作映画です。
南図書館では、旅人や放浪者に関連した本の展示・貸出をします。どうぞお楽しみください。

■ 主な展示資料 ■

No. 書名 著者名 出版者 出版年 分類 コメント
1 蓑虫放浪 蓑虫山人放浪伝 望月昭秀/文 国書刊行会 2020 2891 幕末から明治にかけて、全国各地を自由に旅した漂泊の画人 蓑虫山人。縄文土器や土偶の発掘もしたユニークな人で、名古屋市東区の長母寺が終焉の地。
2 寅さんのことば 風の吹くまま気の向くまま 佐藤利明/著 中日新聞社 2014 7782 映画「男はつらいよ」(1969年~1997年公開)の中で、日本中を旅した寅さんのことばをテーマにしたコラム集。
3 流れ舟は帰らず 木枯し紋次郎ミステリ傑作選 笹沢左保/著 東京創元社 2018 9136 縞の合羽に三度笠、長い楊枝をくわえた姿で、無宿渡世の旅を続ける木枯らし紋次郎。凄腕の旅人にして名探偵が活躍する時代小説。
4 家をせおって歩く 村上慧/作 福音館書店 2019 70 自作した発泡スチロールの家を背負って、日本各地を移動しながら生活するアーティストがいる。そのユニークな発想に驚かされる。