ページの先頭です。
本文へジャンプする。
ここから本文です。

お知らせ

本の展示

鶴舞中央図書館 「あなたのしりたいレア わたしももっとしりたい-We stand in solidarity with the RARE community-2月最終日は世界希少・難治性疾患の日」≪展示期間:2月20日(土)~3月18日(木)≫

2021年2月20日

展示期間:2021年2月20日(土曜日)~3月18日(木曜日)

希少・難治性疾患とは、患者数が少ないことや、病気のメカニズムが複雑なことなどから、治療・創薬の研究が進まない疾患を指します。2月最終日はRDD2021(Rare Disease Day: 世界希少・難治性疾患の日)です。鶴舞中央図書館では、この日に合わせ、さまざまな難病に苦しんでいる方々がいるということをみなさんに知ってもらうための資料を集め、展示しています。ヘルプマークやヘルプカードについての掲示、愛知県難病団体連合会さんが集めてくださった各種会報もご覧いただけます。

  • パネル展示の様子

  • 図書の展示の様子

参考として下記ブックリストもご覧ください。
☆ 鶴舞中央図書館 「あなたのしりたいレア わたしももっとしりたい -We stand in solidarity with the RARE community-2月最終日は世界希少・難治性疾患の日」ブックリスト<PDF形式 201KB>

get adobe reader
PDF形式のファイルを閲覧するにはAdobe Reader(無料)が必要です。
※AcrobatReader5.0以上を推奨しています。

■ 主な展示資料 ■

No. 書名 著者名 出版者 出版年 分類 コメント
1 みんなで学ぶパーキンソン病 患者さんとともに歩む診療をめざして 柏原健一/著 南江堂 2020 4937 パーキンソン病についてやさしく解説してあります。患者さんによく聞かれるQ&Aもついています。
2 レシピにたくした料理人の夢 難病で火を使えない少年 百瀬しのぶ/文 汐文社 2016 289 昇兵(しょうへい)は活発な男の子。だんだん体が動かなくなってしまう難病「脊髄(せきずい)小脳(しょうのう)変性症(へんせいしょう)」の母に代わって、料理をするようになりました。しかし、昇兵も少しずつ症状が現れはじめます。
3 わたしが障害者じゃなくなる日 難病で動けなくてもふつうに生きられる世の中のつくりかた 海老原宏美/著 旬報社 2019 36 体のどこかが悪いことが障害なのでしょうか。いったい障害ってなんでしょう?障害について一緒に考えていきましょう。