ページの先頭です。
本文へジャンプする。
ここから本文です。

図書館案内

本の展示

鶴舞中央図書館 「小酒井不木と江戸川乱歩 ~純国産・探偵小説とSFの誕生~」≪展示期間:1月5日(火)~1月31日(日)≫

2021年1月7日

展示期間:2021年1月5日(火曜日)~2021年1月31日(日曜日)

展示の様子

鶴舞公園の近所に暮らした小酒井不木と、幼少・青年期を名古屋で過ごした江戸川乱歩。探偵小説やSF小説の発展に貢献した二人は、今から100年近く前の大正14年の、ちょうど1月に初めて対面しました。そんな二人の出会いの季節に鶴舞中央図書館では不木・乱歩の展示を行います。

詳しくは下記チラシをご覧ください。
☆ 鶴舞中央図書館 「小酒井不木と江戸川乱歩 ~純国産・探偵小説とSFの誕生~」<PDF形式 145KB>

協力:蓬左文庫(外部リンク)

■ 主な展示資料 ■

No. 書名 著者名 出版者 出版年 分類 コメント
1 生命神秘論 小酒井光次/著 洛陽堂 1915 461 不木の処女出版物。「光次」の自筆署名あり。
2 闘病術 小酒井不木/著 春陽堂 1926 4938 自らの闘病体験をつづった大ベストセラー。
3 鬼の言葉 感想集 江戸川乱歩/著 春秋社 1936 9013 本の寄贈者欄に平井太郎(江戸川乱歩の本名)の名前。