図書館案内

本の展示

中川図書館 「ノートルダム大聖堂-ノートルダムと文化遺産保護-」≪展示期間:4月23日(火)~5月12日(日)≫

2019年4月24日

展示期間:2019年4月23日(火曜日)~5月12日(日曜日)

中川図書館では、パリやノートルダム大聖堂、文化遺産保護をテーマに本の展示・貸出をしています。
4月15日(日本時間16日)、パリにあるノートルダム大聖堂で火災が発生し、屋根や尖塔などが焼失しました。世界遺産に指定されているノートルダム大聖堂は、1300年代に完成したゴシック建築を代表する聖堂で、これまで幾度もの修復を経ながら、パリのランドマークとして大きな影響を持ち続けて来ました。
日本では70年前の1949(昭和24)年1月、法隆寺金堂の壁画が火災で焼失したことをきっかけに「文化財防火デー」が定められるなど、文化遺産の修復や保護は現在でも大きな課題です。中川図書館で本をご覧ください。

  • 案内サインです。(中川図書館 「ノートルダム大聖堂-ノートルダムと文化遺産保護-」)

    案内サインです。

  • 展示の様子です。(中川図書館 「ノートルダム大聖堂-ノートルダムと文化遺産保護-」)

    展示の様子です。

  • いろいろな本をご覧いただけます。(中川図書館 「ノートルダム大聖堂-ノートルダムと文化遺産保護-」)

    いろいろな本をご覧いただけます。

■ 主な展示資料 ■

No. 書名 著者名 出版者 出版年 分類 コメント
1 パリのノートル・ダム 馬杉宗夫/著 八坂書房 2002 70204 フランスの精神的支柱となって来た大聖堂を美術史家が解説します。
2 遥かなノートル・ダム 森有正/著 筑摩書房 1967 9146 長年のパリ生活を通して、経験の蓄積としての文化を語るエッセイ集。
3 世界歴史建築大図鑑 ドーリング・キンダースリー/編,金子務/日本版監修,坂崎竜/訳 原書房 2013 5202 ノートルダム、凱旋門、ヴェルサイユ宮殿はじめ、歴史建築を楽しめます。
4 パリ 木村尚三郎/著 文芸春秋 1992 235 人の気持ちを自由にする世界都市パリ。気ままなパリ散策に憧れます。
5 日本の心と文化財 災害から守り、未来へつなぐ 災害から文化財を守る会/監修,国土文化研究所/編集 アドスリー 2005 7091 災害大国における文化遺産の継承にはひとりひとりの覚悟と、知恵の総合が求められています。

▲ページトップへ

お問合せ先

Copyright (c) 2008- Nagoya City Library. All rights reserved.