図書館案内

本の展示

山田図書館 「印象派を学ぶ―名古屋市美術館「至上の印象派展 ビュールレ・コレクション」―」≪展示期間:8月18日(土)~9月15日(土)≫

2018年8月29日

展示期間:2018年8月18日(土曜日)~9月15日(土曜日)

山田図書館では、名古屋市美術館で開催されている展覧会「至上の印象派展 ビュールレ・コレクション」-名古屋市美術館ホームページ(外部リンク)に合わせ、印象派に関する本を展示・紹介しています。
モネ、ゴッホ、セザンヌ、ルノワール、ゴーギャン、ドガなどの印象派の名作がみなさんを待っています!本で学び、美術館へ足をお運びください。

展覧会を見てから読んでも、読んでから見ても理解が深まります。(山田図書館 「印象派を学ぶ」)展覧会を見てから読んでも、読んでから見ても理解が深まります。

展示本は貸出できます。(山田図書館 「印象派を学ぶ」)展示本は貸出できます。

■ 主な展示資料 ■

No. 書名 著者名 出版者 出版年 分類 コメント
1 ぼくはクロード・モネ 林綾野/さく,たんふるたん/え 美術出版社 2014 2893 睡蓮の絵で有名なモネの一生がわかる伝記絵本。モネは苦労を重ねながら数々の名画を描きました。
2 イラストで読む印象派の画家たち 杉全美帆子/著 河出書房新社 2013 72305 印象派は、19世紀半ばに中産市民階級が活躍するパリで誕生しました。当時の社会や代表画家をわかりやすく解説します。
3 イル・ド・フランス [2005年] パリ近郊「印象派」の散歩道 吉村葉子/文,宇田川悟/写真 日経BP企画 2005 2935 印象派が活躍したパリとその周辺の写真ガイドです。
4 都市風景画を読む 19世紀ヨーロッパ印象派の都市景観 萩島哲/著 九州大学出版会 2002 5188 印象派は新しく誕生した鉄道や駅などの都市も描きました。本書ではパリやローマなどの風景画を分析します。

▲ページトップへ

お問合せ先

Copyright (c) 2008- Nagoya City Library. All rights reserved.