ページの先頭です。
本文へジャンプする。
ここから本文です。

図書館案内

本の展示

中川図書館 企画展示「永六輔さん七夕に永眠」≪展示期間:7月16日(土)~7月29日(金)≫

2016年7月22日

展示期間:2016年7月16日(土曜日)~7月29日(金曜日)

中川図書館 企画展示「永六輔さん七夕に永眠」

永六輔さん夕に眠」
平成28年7月7日(木曜日)に、作詞家・放送作家・随筆家でタレントの永六輔さんが83歳で亡くなられました。故人を悼み、中川図書館では関連本を展示します。多才な方で、数多いエッセイ、飴を含んだような独特の声による「せき、こえ、のどに〇〇飴」のCMや、ラジオでの軽妙な語り口でも知られていました。作曲家・中村八大さん、歌手の坂本九さんとの689トリオで組んだ「上を向いて歩こう」は、日本だけでなく「SUKIYAKI」のタイトルで全米ヒットチャート1位を記録しました。この曲は、中村メイコさんが結婚される時に、失恋した永さんが泣きじゃくって、メイコさんのお父さんから「涙がこぼれないように上を向いて歩きなさい」と慰められたことが歌に結実したともいわれています。

■ 主な展示資料 ■

No. 書名 著者名 出版者 出版年 分類 コメント
1 大往生 永六輔/著 岩波書店 1994 9146 永氏が全国を歩き、出会った人に聞いた往生に関する金言をまとめた随筆集。ベストセラーで映画にもなった代表作。永氏逝去後、名古屋市図書館の本に予約が殺到。
2 一言絶句 幻の創句ふたたび 永六輔/選著 光文社 1997 91136 「創句」は永氏提唱の「俳句のようなもの」の意味。一言で言い切る絶句。雑誌「鳩よ」を通じて読者から投句された秀作を集めたもので、幕間と題したショートコラムも必見。
3 七円の唄 永六輔の誰かとどこかで 永六輔/編,崎南海子/編 TBSサービス 2011 91468 葉書が7円だった昭和41年に始まったラジオ番組「永六輔の誰かとどこかで」の視聴者投稿と永氏のコメントをテーマ別にまとめたもの。付録に番組の録音CD。
4 伝言 永六輔/著 岩波書店 2004 9146 永氏が今、一言言いたいことを「きちんと、ゆたかに、届くように、わかりやすく、生き生きと」のテーマに沿ってまとめたもの。テーマと中身のギャップにびっくり。