図書館案内

本の展示

ちょっと重たいとか言わずに"死"をテーマにした本を読んでみる ―楠図書館― ≪展示期間:1月18日(土)~2月20日(木)≫

2014年1月17日

展示期間:2014年1月18日(土曜日)~2月20日(木曜日)

ちょっと重たいとか言わずに

ちょっと重たいとか言わずに"死"をテーマにした本を読んでみる ―楠図書館―

今回の展示では死をテーマとした小説、エッセイ、詩、絵本などを集めました。大人でも子どもでも借りていただけます。
テーマは重たいかもしれませんが、読んだ後に気持ちが軽くなる本ばかりだと思います。

■ 主な展示資料 ■

No. 書名 著者名 出版者 出版年 分類 コメント
1 特別授業"死"について話そう(14歳の世渡り術) 伊沢正名/[ほか]著 河出書房新社 2013 114 現在活躍する18人の著者が10代に向けて"死"をテーマに書いたエッセイ。テーマについてはもちろん、18人の多様な職業や生き方がとても興味深いです。
2 空白を満たしなさい 平野啓一郎/著 講談社 2012 9136 36歳の主人公はある日会社で目覚めるが、自分が3年前に死んでいたと知る。著者の考える「分人」の概念が新鮮です。
3 野の花ホスピスだより 徳永進/著 新潮社 2009 4901 著者である徳永先生は鳥取にある小さなホスピス「野の花診療所」の院長。患者さんの希望や選択をとても大切にしている先生による、軽やかなエッセイです。
4 さよならのあとで ヘンリー・スコット・ホランド/詩 夏葉社 2012 931 「死はなんでもないものです。私はただとなりの部屋にそっと移っただけ・・・。」身近な人を亡くした人によりそう詩です。

▲ページトップへ

お問合せ先

Copyright (c) 2008- Nagoya City Library. All rights reserved.