ページの先頭です。
本文へジャンプする。
ここから本文です。

図書館案内

イベント情報

守山図書館 デジタル郷土史講座「江戸時代中期の矢田川左岸大洪水 ~その調査とシミュレーション~」≪開催日:11月14日(土)≫

2020年10月10日

守山図書館では、2020年11月14日(土曜日)に、デジタル郷土史講座「江戸時代中期の矢田川左岸大洪水 ~その調査とシミュレーション~」を開催します。
尾張藩士、高力種信(猿猴庵)が描いた大洪水はどのようにして起きたのか!?
さまざまな史料から、明和4年大洪水の矢田川堤防決壊地点と被害地域を調べます。そして、国土地理院のデジタル標高データを用いて、洪水のシミュレーションを試みます。その結果はいかに!?
デジタルを使って、アナログな歴史資料の活用をさらに楽しくします!

  • 開催日時:  2020年11月14日(土曜日)午前10時~11時30分
  • 場所:  守山図書館 2階集会室
  • 講師:  加藤武彦氏(守山郷土史研究会会員)
  • 対象:  一般
  • 定員:  15名
  • 申込:  2020年10月17日(土曜日)午前10時30分から、窓口または電話にて受付
  • お問合せ: 名古屋市守山図書館 TEL:052-793-6288 FAX:052-793-6289

詳しくは下記チラシをご覧ください。
☆ 守山図書館 「江戸時代中期の矢田川左岸大洪水 ~その調査とシミュレーション~」<PDF形式 269KB>

get adobe reader
PDF形式のファイルを閲覧するにはAdobe Reader(無料)が必要です。
※AcrobatReader5.0以上を推奨しています。