感染拡大防止のため、本を読む前、読んだ後は手を洗いましょう。みなさまのご協力をお願いします。
詳細はトップページの「重要なお知らせ」をご覧ください。

検索結果書誌詳細

  • 書誌の詳細です。 現在、この資料への予約は 0 件あります。
  • ・予約するときは「予約カートに入れる」ボタンをクリックしてください。予約するには図書館窓口で発行したパスワードが必要です。
    ・「予約カートに入れる」ボタンが出ない書誌には予約できません。
    詳しくは「マイページについて-インターネットで予約するには」をご覧ください。

蔵書情報

この資料の蔵書に関する統計情報です。現在の所蔵数 在庫数 予約数などを確認できます。

所蔵数 1 在庫数 0 予約数 0

書誌情報サマリ

書名

中井久夫集 1  働く患者

著者名 中井久夫/[著]
出版者 みすず書房
出版年月 2017.1
請求記号 4937/02857/1


この資料に対する操作

カートに入れる を押すと この資料を 予約する候補として予約カートに追加します。

いますぐ予約する を押すと 認証後この資料をすぐに予約します。


登録する本棚ログインすると、マイ本棚が利用できます。


資料情報

各蔵書資料に関する詳細情報です。

No. 所蔵館 資料番号 資料種別 配架場所 別置 帯出 状態
1 鶴舞0237069943一般和書2階開架自然・工学貸出中 

書誌詳細

この資料の書誌詳細情報です。

請求記号 4937/02857/1
書名 中井久夫集 1  働く患者
著者名 中井久夫/[著]
出版者 みすず書房
出版年月 2017.1
ページ数 323p
大きさ 20cm
巻書名 働く患者
ISBN 4-622-08571-3
ISBN 978-4-622-08571-3
分類 4937
一般件名 精神医学
書誌種別 一般和書
内容紹介 透徹した理性と柔軟な感性、研ぎ澄まされたアンテナ感覚で人と時代を捉えてきた精神科医・中井久夫。その半世紀におよぶ思考と実践の道筋を追う。1は、「世に棲む患者」など、初期の20編を収録する。
タイトルコード 1001610088735

要旨 われわれの時代に鮮やかなしるしを刻んできた精神科医・中井久夫。半世紀におよぶ思考と実践の道筋を、全11巻に追う。第1巻は「世に棲む患者」ほか初期20編。
目次 現代社会に生きること
現代における生きがい
サラリーマン労働
ポーの庭園
数学嫌いだった天才数学者―ラッセルとウィーナーの病跡学
統合失調症者における「焦慮」と「余裕」
ウィトゲンシュタインの“治療”
『思春期の精神病理と治療』への序文
思春期患者とその治療者
翻訳の内と外―翻訳家でない翻訳者の覚え書き
ある教育の帰結
アメリカにおけるサリヴァン追認―サリヴァン・コロキウム(一九七七年)の紹介を中心として
世に棲む患者
インドネシアの精神神経学会とボゴール精神病院訪問など
「思春期を考える」ことについて
井村恒郎先生
働く患者―リハビリテーション問題の周辺
病跡学の可能性
保安処分をめぐる感想
精神科医としての神谷美恵子さんについて―「病人の呼び声」から「一人称病跡学」まで
著者情報 中井 久夫
 1934年奈良県生まれ。京都大学医学部卒業。神戸大学名誉教授。精神科医(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


内容細目表:

1 現代社会に生きること   1-38
2 現代における生きがい   39-49
3 サラリーマン労働   50-64
4 ポーの庭園   65-68
5 数学嫌いだった天才数学者   ラッセルとウィーナーの病跡学   69-81
6 統合失調症者における「焦慮」と「余裕」   82-106
7 ウィトゲンシュタインの“治療”   107-110
8 『思春期の精神病理と治療』への序文   111-114
9 思春期患者とその治療者   115-130
10 翻訳の内と外   翻訳家でない翻訳者の覚え書き   131-134
11 ある教育の帰結   135-150
12 アメリカにおけるサリヴァン追認   サリヴァン・コロキウム(一九七七年)の紹介を中心として   151-197
13 世に棲む患者   198-225
14 インドネシアの精神神経学会とボゴール精神病院訪問など   226-235
15 「思春期を考える」ことについて   236-241
16 井村恒郎先生   242-251
17 働く患者   リハビリテーション問題の周辺   252-282
18 病跡学の可能性   283-294
19 保安処分をめぐる感想   295-306
20 精神科医としての神谷美恵子さんについて   「病人の呼び声」から「一人称病跡学」まで   307-315
前のページへ

本文はここまでです。


ページの終わりです。