感染拡大防止のため、本を読む前、読んだ後は手を洗いましょう。みなさまのご協力をお願いします。
詳細はトップページの「重要なお知らせ」をご覧ください。

検索結果書誌詳細

  • 書誌の詳細です。 現在、この資料への予約は 0 件あります。
  • ・予約するときは「予約カートに入れる」ボタンをクリックしてください。予約するには図書館窓口で発行したパスワードが必要です。
    ・「予約カートに入れる」ボタンが出ない書誌には予約できません。
    詳しくは「マイページについて-インターネットで予約するには」をご覧ください。

蔵書情報

この資料の蔵書に関する統計情報です。現在の所蔵数 在庫数 予約数などを確認できます。

所蔵数 1 在庫数 1 予約数 0

書誌情報サマリ

書名

通話 (EXLIBRIS)

著者名 ロベルト・ボラーニョ/[著] 松本健二/訳
出版者 白水社
出版年月 2009.6
請求記号 963/00094/


この資料に対する操作

カートに入れる を押すと この資料を 予約する候補として予約カートに追加します。

いますぐ予約する を押すと 認証後この資料をすぐに予約します。


登録する本棚ログインすると、マイ本棚が利用できます。


資料情報

各蔵書資料に関する詳細情報です。

No. 所蔵館 資料番号 資料種別 配架場所 別置 帯出 状態
1 鶴舞0235452752一般和書2階書庫 在庫 

書誌詳細

この資料の書誌詳細情報です。

請求記号 963/00094/
書名 通話 (EXLIBRIS)
著者名 ロベルト・ボラーニョ/[著]   松本健二/訳
出版者 白水社
出版年月 2009.6
ページ数 249p
大きさ 20cm
シリーズ名 EXLIBRIS
ISBN 978-4-560-09003-9
原書名 Llamadas telefónicas
分類 963
書誌種別 一般和書
内容注記 内容:通話 刑事たち アン・ムーアの人生
内容紹介 スペインに亡命中のアルゼンチン人作家と「僕」の奇妙な友情を描く「センシニ」、メキシコ市の公園のベンチからこの世を凝視する男の思い出を描く「芋虫」など、絶望的な状況を生きる人々の声をたぐり寄せる14の物語を収録。
タイトルコード 1000910022024

要旨 『通話』―スペインに亡命中のアルゼンチン人作家と“僕”の奇妙な友情を描く『センシニ』、第二次世界大戦を生き延びた売れないフランス人作家の物語『アンリ・シモン・ルプランス』ほか3編。『刑事たち』―メキシコ市の公園のベンチからこの世を凝視する男の思い出を描く『芋虫』、1973年のチリ・クーデターに関わった二人組の会話から成る『刑事たち』ほか3編。『アン・ムーアの人生』―病床から人生最良の日々を振り返るポルノ女優の告白『ジョアンナ・シルヴェストリ』、ヒッピー世代に生まれたあるアメリカ人女性の半生を綴る『アン・ムーアの人生』ほか2編。
著者情報 ボラーニョ,ロベルト
 1953年、チリのサンティアゴに生まれる。現代文学に欠かすことのできないラテンアメリカ作家の一人。1968年、一家でメキシコに移住。その後、エルサルバドル、フランス、スペインなどを放浪して青年時代を過ごす。詩人として出発し、1984年に小説家としてデビュー。『通話』Llamadas telef´onicas(1997)でサンティアゴ市文学賞を受賞。1998年に発表した長編小説Los detectives salvajesで同年のエラルデ小説賞を受賞、さらに1999年にはロムロ・ガジェゴス賞を満場一致で受賞した。その後も重要な作品を次々と発表するが、2003年、世を去る(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
松本 健二
 1968年生。大阪大学世界言語研究センター講師。ラテンアメリカ文学研究(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


内容細目表:

前のページへ

本文はここまでです。


ページの終わりです。