感染拡大防止のため、本を読む前、読んだ後は手を洗いましょう。みなさまのご協力をお願いします。

検索結果書誌詳細

  • 書誌の詳細です。 現在、この資料への予約は 0 件あります。
  • ・予約するときは「予約カートに入れる」ボタンをクリックしてください。予約するには図書館窓口で発行したパスワードが必要です。
    ・「予約カートに入れる」ボタンが出ない書誌には予約できません。
    詳しくは「マイページについて-インターネットで予約するには」をご覧ください。

蔵書情報

この資料の蔵書に関する統計情報です。現在の所蔵数 在庫数 予約数などを確認できます。

所蔵数 1 在庫数 1 予約数 0

書誌情報サマリ

書名

弥生の村 (日本史リブレット)

著者名 武末純一/著
出版者 山川出版社
出版年月 2002.9
請求記号 2102/00385/


この資料に対する操作

カートに入れる を押すと この資料を 予約する候補として予約カートに追加します。

いますぐ予約する を押すと 認証後この資料をすぐに予約します。


登録する本棚ログインすると、マイ本棚が利用できます。


資料情報

各蔵書資料に関する詳細情報です。

No. 所蔵館 資料番号 資料種別 配架場所 別置 帯出 状態
1 鶴舞0235843141一般和書2階開架人文・社会在庫 

書誌詳細

この資料の書誌詳細情報です。

請求記号 2102/00385/
書名 弥生の村 (日本史リブレット)
著者名 武末純一/著
出版者 山川出版社
出版年月 2002.9
ページ数 106p
大きさ 21cm
シリーズ名 日本史リブレット
シリーズ巻次 3
ISBN 4-634-54030-4
ISBN 978-4-634-54030-9
分類 21027
一般件名 弥生式文化
書誌種別 一般和書
内容注記 文献:巻末
タイトルコード 1009912042621

要旨 弥生時代像が揺らぐなか、村(集落)の研究は近年大きく進展した。村のさまざまな施設の配置は決してデタラメではなくて基本設計があり、そこには時代や社会の様相が色濃く反映される。村のほかに都市的な集落もあり、首長層の成長や国の成立と展開も追えるようになった。本書では吉野ヶ里などで明らかになった巨大な村の構造とその変化を追ってみた。
目次 弥生時代の範囲と村
1 縄文の村から弥生の村へ
2 国の成立と集落
3 国々の連合と巨大な村
4 弥生居宅と都市論
5 海・山の村と戦争
著者情報 武末 純一
 1950年生まれ。九州大学文学部卒業。九州大学大学院修士課程修了。専攻、日本・朝鮮考古学。現在、福岡大学人文学部教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


内容細目表:

前のページへ

本文はここまでです。


ページの終わりです。