感染拡大防止のため、本を読む前、読んだ後は手を洗いましょう。みなさまのご協力をお願いします。
詳細はトップページの「重要なお知らせ」をご覧ください。

検索結果書誌詳細

  • 書誌の詳細です。 現在、この資料への予約は 0 件あります。
  • ・予約するときは「予約カートに入れる」ボタンをクリックしてください。予約するには図書館窓口で発行したパスワードが必要です。
    ・「予約カートに入れる」ボタンが出ない書誌には予約できません。
    詳しくは「マイページについて-インターネットで予約するには」をご覧ください。

蔵書情報

この資料の蔵書に関する統計情報です。現在の所蔵数 在庫数 予約数などを確認できます。

所蔵数 1 在庫数 1 予約数 0

書誌情報サマリ

書名

植物工学の基礎 (応用生命科学シリーズ)

著者名 長田敏行/編
出版者 東京化学同人
出版年月 2002.04


この資料に対する操作

カートに入れる を押すと この資料を 予約する候補として予約カートに追加します。

いますぐ予約する を押すと 認証後この資料をすぐに予約します。


登録する本棚ログインすると、マイ本棚が利用できます。


資料情報

各蔵書資料に関する詳細情報です。

No. 所蔵館 資料番号 資料種別 配架場所 別置 帯出 状態
1 鶴舞0234245223一般和書2階書庫 在庫 

書誌詳細

この資料の書誌詳細情報です。

請求記号 615/00078/
書名 植物工学の基礎 (応用生命科学シリーズ)
著者名 長田敏行/編
出版者 東京化学同人
出版年月 2002.04
ページ数 208p
大きさ 21cm
シリーズ名 応用生命科学シリーズ
シリーズ巻次 4
ISBN 4-8079-1423-5
分類 61521
一般件名 育種学   植物細胞学   遺伝子工学
書誌種別 一般和書
タイトルコード 1009912007832

要旨 今日ほど植物工学の発展が期待されている時代はない。人口増加が急激に進み、それを支える食糧の確保が不可欠になっているからである。これまで、人類が営々と築いてきた伝統的な植物栽培技術、すなわち従来の「農業」では支えきれなくなっている。どのような手段でそれが可能かというと、最近の進歩の著しい細胞工学、遺伝子工学により、細胞レベルで遺伝的な修飾を行い、それを植物個体に導入し、さらに従来の農業手法と組合わせることである。植物の場合、伝統的な手法と先端的な手法との結合が細胞工学を通じて可能になっているからである。これらの基礎となる新手法の現状とそこからどのような展開が可能であるかという将来の展望について述べるのが本書の趣旨である。
目次 1章 ニューバイオテクノロジーとオールドバイオテクノロジー
2章 植物工学の基礎と特徴
3章 耐病性および耐虫性植物の原理と応用
4章 ストレス耐性植物の原理と応用
5章 モデル植物としてのシロイヌナズナ
6章 イネゲノムプロジェクト
7章 植物工学の未来像:期待と課題
著者情報 長田 敏行
 1945年長野県に生まれる。1968年東京大学理学部卒。現、東京大学大学院理学系研究科教授。専攻は植物生理学、植物分子生物学。理学博士(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


内容細目表:

前のページへ

本文はここまでです。


ページの終わりです。