感染拡大防止のため、本を読む前、読んだ後は手を洗いましょう。みなさまのご協力をお願いします。
詳細はトップページの「重要なお知らせ」をご覧ください。

検索結果書誌詳細

  • 書誌の詳細です。 現在、この資料への予約は 10 件あります。
  • ・予約するときは「予約カートに入れる」ボタンをクリックしてください。予約するには図書館窓口で発行したパスワードが必要です。
    ・「予約カートに入れる」ボタンが出ない書誌には予約できません。
    詳しくは「マイページについて-インターネットで予約するには」をご覧ください。

蔵書情報

この資料の蔵書に関する統計情報です。現在の所蔵数 在庫数 予約数などを確認できます。

所蔵数 1 在庫数 0 予約数 10

書誌情報サマリ

書名

ハリー、大きな幸せ

著者名 村井理子/著
出版者 亜紀書房
出版年月 2021.9


この資料に対する操作

カートに入れる を押すと この資料を 予約する候補として予約カートに追加します。

いますぐ予約する を押すと 認証後この資料をすぐに予約します。


登録する本棚ログインすると、マイ本棚が利用できます。


資料情報

各蔵書資料に関する詳細情報です。

No. 所蔵館 資料番号 資料種別 配架場所 別置 帯出 状態
1 西2132560422一般和書一般開架暮らしの本貸出中 

書誌詳細

この資料の書誌詳細情報です。

請求記号 6456/01529/
書名 ハリー、大きな幸せ
著者名 村井理子/著
出版者 亜紀書房
出版年月 2021.9
ページ数 171p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-7505-1705-6
分類 6456
一般件名 いぬ(犬)
書誌種別 一般和書
内容紹介 黒ラブラドール・レトリバーのハリーがいる村井家。ハリーと仲良しの双子の息子達は中学生に。平穏に思えた暮らしは、コロナ禍で一変し…。大型犬とのかけがえのない日常を綴る。ウェブマガジン『あき地』連載に加筆し書籍化。
タイトルコード 1002110047837

要旨 翻訳家、エッセイストの村井理子さんの相棒は、黒ラブラドール・レトリバーの「ハリー」。生後3ヶ月で湖のほとりの村井家にやって来て、とにかくやんちゃで甘えん坊だった彼も、最近はすっかり落ち着いて、成犬としての貫禄が出てきた。黒々とした毛並みと隆々とした筋肉をたたえて眠るその姿は、なんというか、まるで近江牛!?一方、ハリーとも仲良しの双子の息子たちは、中学生になって思春期真っ盛り。母が問いかけても「あ?」とそっけないが、わが家にはハリーがいる。ハリーがいるから大丈夫。平穏そうに思えた村井さんちの暮らしは、コロナ禍で一変し…『犬がいるから』『犬ニモマケズ』に続く、大型犬とのかけがえのない日常を綴ったエッセイ集。
目次 ぼくはここにいる
足元に眠るお宝
留守のあいだに
きゅうり砲
大人の階段
今日は三歳の誕生日
かけがえのない時間
香りが悩ましい
愛の挨拶
不安な日々に〔ほか〕
著者情報 村井 理子
 翻訳家・エッセイスト。1970年静岡県生まれ(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


内容細目表:

前のページへ

本文はここまでです。


ページの終わりです。