感染拡大防止のため、本を読む前、読んだ後は手を洗いましょう。みなさまのご協力をお願いします。
詳細はトップページの「重要なお知らせ」をご覧ください。

検索結果書誌詳細

  • 書誌の詳細です。 現在、この資料への予約は 5 件あります。
  • ・予約するときは「予約カートに入れる」ボタンをクリックしてください。予約するには図書館窓口で発行したパスワードが必要です。
    ・「予約カートに入れる」ボタンが出ない書誌には予約できません。
    詳しくは「マイページについて-インターネットで予約するには」をご覧ください。

蔵書情報

この資料の蔵書に関する統計情報です。現在の所蔵数 在庫数 予約数などを確認できます。

所蔵数 1 在庫数 0 予約数 5

書誌情報サマリ

書名

「こころの旅」を歌いながら 音楽と深層心理学のめぐりあい

著者名 きたやまおさむ/著 富澤一誠/著
出版者 言視舎
出版年月 2021.6


この資料に対する操作

カートに入れる を押すと この資料を 予約する候補として予約カートに追加します。

いますぐ予約する を押すと 認証後この資料をすぐに予約します。


登録する本棚ログインすると、マイ本棚が利用できます。


資料情報

各蔵書資料に関する詳細情報です。

No. 所蔵館 資料番号 資料種別 配架場所 別置 帯出 状態
1 西2132562212一般和書一般開架 貸出中 

書誌詳細

この資料の書誌詳細情報です。

請求記号 7678/01694/
書名 「こころの旅」を歌いながら 音楽と深層心理学のめぐりあい
著者名 きたやまおさむ/著   富澤一誠/著
出版者 言視舎
出版年月 2021.6
ページ数 236p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-86565-203-1
分類 7678
個人件名 北山修
書誌種別 一般和書
内容紹介 「戦争を知らない子供たち」の女々しさ? なぜ「旅の歌」が作られたのか? 作詞家・深層心理学者きたやまおさむと音楽評論家・富澤一誠が、きたやま作品の再検討や「旅の歌」の考察を通じて、社会・文化の深層を読む。
書誌・年譜・年表 本書に関連する略年譜:p229〜236
タイトルコード 1002110034966

要旨 「記憶に残る」作詞家・深層心理学者きたやまおさむと、デビュー50周年、日本を代表する音楽評論家富澤一誠が、きたやま作品の再検討や「旅の歌」の考察を通じて、時代性、旅の思想、生きることの意味、老いや死など、社会・文化の深層を読む。
目次 第1章 「きたやま作品」の再発見(記憶に残る作詞家「きたやまおさむ」
「帰って来たヨッパライ」をあらためて解読する
「風」の時代
「白い色は恋人の色」を京都で作った意味 ほか)
第2章 「旅の歌」の思想―「終着駅」が見えないから面白い(なぜ「旅の歌」が作られたのか?
「旅」をきっかけにして)
第3章 旅する音楽人生(「コブのない駱駝」の謎
名曲たちの深層
時代とともに旅するということ
ロンドン留学で得たもの ほか)


内容細目表:

前のページへ

本文はここまでです。


ページの終わりです。