感染拡大防止のため、本を読む前、読んだ後は手を洗いましょう。みなさまのご協力をお願いします。
詳細はトップページの「重要なお知らせ」をご覧ください。

検索結果書誌詳細

  • 書誌の詳細です。 現在、この資料への予約は 0 件あります。
  • ・予約するときは「予約カートに入れる」ボタンをクリックしてください。予約するには図書館窓口で発行したパスワードが必要です。
    ・「予約カートに入れる」ボタンが出ない書誌には予約できません。
    詳しくは「マイページについて-インターネットで予約するには」をご覧ください。

蔵書情報

この資料の蔵書に関する統計情報です。現在の所蔵数 在庫数 予約数などを確認できます。

所蔵数 3 在庫数 0 予約数 0

書誌情報サマリ

書名

クローズアップ藝大 (河出新書)

著者名 国谷裕子/著 東京藝術大学/著
出版者 河出書房新社
出版年月 2021.5


この資料に対する操作

カートに入れる を押すと この資料を 予約する候補として予約カートに追加します。

いますぐ予約する を押すと 認証後この資料をすぐに予約します。


登録する本棚ログインすると、マイ本棚が利用できます。


資料情報

各蔵書資料に関する詳細情報です。

No. 所蔵館 資料番号 資料種別 配架場所 別置 帯出 状態
1 守山3132559679一般和書一般開架 貸出中 
2 名東3332664733一般和書一般開架 貸出中 
3 天白3432446502一般和書一般開架ティーンズ貸出中 

書誌詳細

この資料の書誌詳細情報です。

請求記号 3772/00465/
書名 クローズアップ藝大 (河出新書)
著者名 国谷裕子/著   東京藝術大学/著
出版者 河出書房新社
出版年月 2021.5
ページ数 311p
大きさ 18cm
シリーズ名 河出新書
シリーズ巻次 031
ISBN 978-4-309-63132-5
分類 37728
一般件名 東京芸術大学
書誌種別 一般和書
内容紹介 芸術家の創造の源とは。学生や社会に何を伝えようとしているのか。国谷裕子が東京藝術大学で教鞭をとる芸術家&専門家にインタビューし、芸術の可能性に迫る。東京藝術大学ホームページ連載「クローズアップ藝大」を書籍化。
タイトルコード 1002110013667

要旨 「国谷さん、“クローズアップ藝大”をやりませんか?」クリエイティブディレクター・箭内道彦の言葉から、すべては始まった。インタビューの相手は、「最後の秘境(?)」東京藝術大学に蠢く「芸術家&専門家」たち。芸術家の創造の源は何なのか、芸術家はいかにして芸術家になったのか、その眼差しの先に何を見て、学生たちに、社会に何を伝えようとしているのか?分断され閉塞した現代社会を今、“芸術”が切り開き、オルタナティブを提示する。今こそ社会に芸術を!国谷裕子と“藝大”で考える、“芸術”の無限の可能性。
目次 1 国谷裕子のクローズアップ藝大(大巻伸嗣・美術学部彫刻科教授―予定調和を壊す
菅英三子・音楽学部声楽科教授―人間としてどう生きるか
山村浩二・大学院映像研究科アニメーション専攻教授―この世界の真実を知りたい
前田宏智・美術学部工芸科(彫金)教授―手を動かして物を作る、それが人間の原点
江口玲・音楽学部器楽科(ピアノ)教授―世界にただ一人しかいない自分がどう表現するか
黒沢清・大学院映像研究科映画専教授―感動の瞬間を追い求め、作り続ける
熊倉純子・大学院国際芸術創造研究科アートプロデュース専攻教授―誰でも芸術と出会える社会を目指して
黒川廣子・大学美術館教授―『芸術』の伝え手
小沢剛・美術学部先端芸術表現科教授―時代の中で生きる、消費されるだけでなく
日比野克彦(美術学部先端芸術表現科教授―芸術と社会の新しいチャンネルを作る」
高木綾子・音楽学部器楽科(フルート)准教授―『この人の演奏を聴きたい』と言われたい
箭内道彦・美術学部デザイン科教授―オルタナティブを常に考える)
2 国谷裕子が東京藝術大学で「藝大」を学びながら、「教育」と「アート」と「社会」を考える(東京藝術大学の先生に共通する「開通体験」
東京藝術大学で「何」を学ぶのか?
「アート」によってつながる「社会」
SDGs(持続可能な開発目標)の実現のために
分断される社会とダイバーシティ)
著者情報 国谷 裕子
 ジャーナリスト。大阪府生まれ。米国ブラウン大学卒業。NHK衛星「ワールドニュース」キャスターなどを経て、1993年から2016年までNHK総合「クローズアップ現代」のキャスターを務める。02年に菊池寛賞、11年に日本記者クラブ賞、16年にギャラクシー賞(特別賞)、放送人グランプリを受賞。現在、東京藝術大学理事(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


内容細目表:

前のページへ

本文はここまでです。


ページの終わりです。