感染拡大防止のため、本を読む前、読んだ後は手を洗いましょう。みなさまのご協力をお願いします。
詳細はトップページの「重要なお知らせ」をご覧ください。

検索結果書誌詳細

  • 書誌の詳細です。 現在、この資料への予約は 1 件あります。
  • ・予約するときは「予約カートに入れる」ボタンをクリックしてください。予約するには図書館窓口で発行したパスワードが必要です。
    ・「予約カートに入れる」ボタンが出ない書誌には予約できません。
    詳しくは「マイページについて-インターネットで予約するには」をご覧ください。

蔵書情報

この資料の蔵書に関する統計情報です。現在の所蔵数 在庫数 予約数などを確認できます。

所蔵数 3 在庫数 0 予約数 1

書誌情報サマリ

書名

「現代優生学」の脅威 (インターナショナル新書)

著者名 池田清彦/著
出版者 集英社インターナショナル
出版年月 2021.4


この資料に対する操作

カートに入れる を押すと この資料を 予約する候補として予約カートに追加します。

いますぐ予約する を押すと 認証後この資料をすぐに予約します。


登録する本棚ログインすると、マイ本棚が利用できます。


資料情報

各蔵書資料に関する詳細情報です。

No. 所蔵館 資料番号 資料種別 配架場所 別置 帯出 状態
1 鶴舞0237916226一般和書1階開架 貸出中 
2 2632448631一般和書一般開架暮らしの本貸出中 
3 瑞穂2932503754一般和書一般開架暮らしの本貸出中 

書誌詳細

この資料の書誌詳細情報です。

請求記号 4982/00032/
書名 「現代優生学」の脅威 (インターナショナル新書)
著者名 池田清彦/著
出版者 集英社インターナショナル
出版年月 2021.4
ページ数 202p
大きさ 18cm
シリーズ名 インターナショナル新書
シリーズ巻次 069
ISBN 978-4-7976-8069-0
分類 4982
一般件名 優生学
書誌種別 一般和書
内容紹介 「科学の進歩」「経済の低迷」「新型コロナウイルスの感染拡大」により、戦後、封印されたはずの「優生学」が奇妙な新しさをまとい、再浮上している。実際に起きた事件や有識者の発言をもとに、優生学の現代的な脅威を論じる。
書誌・年譜・年表 文献:p200〜202
タイトルコード 1002110002851

要旨 戦後、一度は封印されたはずの「優生学」が奇妙な新しさをまとい、いま再浮上している。これまで人類は、優生学的な思想により「障害者や移民、ユダヤ人といったマイノリティへの差別や排除、抹殺」を繰り返してきた。日本では「ハンセン病患者の隔離政策」がその典型といえる。現代的な優生学の広がりに大きく寄与しているのが「科学の進歩」や「経済の低迷」、そして「新型コロナウイルスの感染拡大」である。優生学の現代的な脅威を論じる。
目次 第1章 甦る優生学
第2章 優生学はどこから来たのか
第3章 ナチス・ドイツの優生政策
第4章 日本人と優生学
第5章 無邪気な「安楽死政策」待望論
第6章 能力や性格は遺伝で決まるのか
第7章 “アフター・コロナ”時代の優生学
著者情報 池田 清彦
 生物学者、評論家。早稲田大学名誉教授、山梨大学名誉教授。1947年、東京都生まれ。構造主義を生物学に当てはめた「構造主義生物学」を提唱。その視点を用いた科学論、社会評論なども行っている。著作多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


内容細目表:

前のページへ

本文はここまでです。


ページの終わりです。