感染拡大防止のため、本を読む前、読んだ後は手を洗いましょう。みなさまのご協力をお願いします。
詳細はトップページの「重要なお知らせ」をご覧ください。

検索結果書誌詳細

  • 書誌の詳細です。 現在、この資料への予約は 12 件あります。
  • ・予約するときは「予約カートに入れる」ボタンをクリックしてください。予約するには図書館窓口で発行したパスワードが必要です。
    ・「予約カートに入れる」ボタンが出ない書誌には予約できません。
    詳しくは「マイページについて-インターネットで予約するには」をご覧ください。

蔵書情報

この資料の蔵書に関する統計情報です。現在の所蔵数 在庫数 予約数などを確認できます。

所蔵数 5 在庫数 0 予約数 12

書誌情報サマリ

書名

Neverland Diner 二度と行けないあの店で

著者名 都築響一/編
出版者 ケンエレブックス
出版年月 2021.1


この資料に対する操作

カートに入れる を押すと この資料を 予約する候補として予約カートに追加します。

いますぐ予約する を押すと 認証後この資料をすぐに予約します。


登録する本棚ログインすると、マイ本棚が利用できます。


資料情報

各蔵書資料に関する詳細情報です。

No. 所蔵館 資料番号 資料種別 配架場所 別置 帯出 状態
1 鶴舞0237903281一般和書1階開架 貸出中 
2 2632418980一般和書一般開架 貸出中 
3 2732384272一般和書一般開架 貸出中 
4 3232484513一般和書一般開架 貸出中 
5 徳重4630736181一般和書一般開架暮らしの本貸出中 

書誌詳細

この資料の書誌詳細情報です。

請求記号 59604/01941/
書名 Neverland Diner 二度と行けないあの店で
著者名 都築響一/編
出版者 ケンエレブックス
出版年月 2021.1
ページ数 638p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-910315-02-7
分類 59604
一般件名 料理
書誌種別 一般和書
内容紹介 もういけない店、味わえない味、酔っ払えないカウンター。僕をつくったあの店は、もうない-。100人の「二度と行けないあの店」の思い出を紹介。週刊メールマガジン『ROADSIDERS'weekly』連載を書籍化。
タイトルコード 1002010084948

要旨 もう行けない店、味わえない味、酔っ払えないカウンター。…100人の記憶と100軒の「二度と行けないあの店」。
目次 大島の漁師屋台―都築響一
羽田の運河に浮かぶ船上タイ料理屋―矢野優
甘くて甘くて、怖い雲―平松洋子
もう二度と味わえない、思い出の「1セット」―パリッコ
まちがいなく生きものがいた―いしいしんじ
あってなくなる―俵万智
北京に捨ててきた金正日―向井康介
煙が目にしみる―玉袋筋太郎
ホープ―水道橋博士
渋谷駅、スクランブル交差点周辺の数百軒―江森丈晃〔ほか〕


内容細目表:

1 大島の漁師屋台   8-11
都築響一/著
2 羽田の運河に浮かぶ船上タイ料理屋   12-16
矢野優/著
3 甘くて甘くて、怖い雲   17-21
平松洋子/著
4 もう二度と味わえない、思い出の「1セット」   22-26
パリッコ/著
5 まちがいなく生きものがいた   27-32
いしいしんじ/著
6 あってなくなる   35-39
俵万智/著
7 北京に捨ててきた金正日   40-44
向井康介/著
8 煙が目にしみる   45-51
玉袋筋太郎/著
9 ホープ   52-58
水道橋博士/著
10 渋谷駅、スクランブル交差点周辺の数百軒   59-66
江森丈晃/著
11 真夏の夜の夢   67-72
土岐麻子/著
12 ホワイトハウス   73-76
安田謙一/著
13 酔うと現れる店   77-79
林雄司/著
14 エスカルゴと味噌ラーメン   80-84
古澤健/著
15 祖父の行きつけのクラブ   85-94
滝口悠生/著
16 YOSHIWARA   95-100
遠山リツコ/著
17 珈琲家族を忘れない   101-105
高城晶平/著
18 春の頃、私的最果ての店   106-112
内田真美/著
19 池袋ウエストゲートカツ編   116-117
イーピャオ/原案 小山ゆうじろう/漫画
20 失恋レストラン   121-128
吉井忍/著
21 どん感がすごい   129-134
コナリミサト/著
22 土曜夜新宿コマ劇近くで   135-143
永島農/著
23 呪いの失恋牛すじカレー   144-147
谷口菜津子/著
24 本当の洋菓子の話をしよう   148-154
石井僚一/著
25 北極の雪原で味わった「食」の極限   155-159
佐藤健寿/著
26 六本木シュルレアリスム前夜   160-165
和知徹/著
27 佐野さん、あのレストランの名前教えてよ。   166-171
九龍ジョー/著
28 東京ヒルトンホテルオリガミ   172-176
篠崎真紀/著
29 営業許可のない大久保ロシア食堂の夜   177-182
ツレヅレハナコ/著
30 欲望の洞窟   185-192
Mistress Whip and Cane/著
31 自覚なく美しかった店とのお別れ   193-196
佐久間裕美子/著
32 レインボーズエンドの思い出   197-202
吉岡里奈/著
33 カレーの藤   203-207
松永良平/著
34 レモンライスのあのお味   208-213
劔樹人/著
35 週刊ファイトなお好み焼き屋   214-219
堀江ガンツ/著
36 山口お好み屋   220-224
見汐麻衣/著
37 深夜のドライブと恵比寿ラーメン   225-229
小宮山雄飛/著
38 ばってらと調整豆乳   230-232
朝吹真理子/著
39 謎のカレー屋の店主は、空の雲を自在に操った   241-249
吉村智樹/著
40 孤独うどん   250-252
日下慶太/著
41 道玄坂を転がり落ちた先の洞窟   253-257
スズキナオ/著
42 かけめぐる青春〜吉祥寺・シャポールージュ〜   258-265
益子寺かおり/著
43 ずっと、チャレンジャー。   266-272
中尊寺まい/著
44 新宿、サグ・パニール、恋。   273-276
小谷実由/著
45 カフェのランチでよく出てくるミニサラダ   277-282
川田洋平/著
46 「浮かぶ」の正しいナポリタンとハイボール   283-288
安田理央/著
47 まんまる   289-292
上田愛/著
48 カトマンズのチャイ店   295-298
酒本麻衣/著
49 「鶴はしラーメン」の絶品鴨スープのラーメンを作る、熊の刺身を食べなかった「チーフ」   299-305
呉ジンカン/著
50 その店は、居間にあった。   306-309
小石原はるか/著
51 究極の「うまくないけど食いたいもの」だった、うどんとおでん   310-314
兵庫慎司/著
52 今はなき廣島文化の最深部   315-318
Yoshi Yubai/著
53 限りある時間を慈しむ   319-323
ヴィヴィアン佐藤/著
54 父と煮込みとバヤリース   324-327
とみさわ昭仁/著
55 凍った英国の庭に行った話   328-332
伊藤宏子/著
56 再築される愛憎   333-337
理姫/著
57 ハマーの味   338-343
大井由紀子/著
58 飯能、おにぎりと磯辺餅だけの店   344-348
古賀及子/著
59 祇園の片隅で   349-353
いぬんこ/著
60 カリブサンドだけは、今でもほんとうのまま   354-361
飯田光平/著
61 最初で最後。すさみの黒嶋茶屋   362-368
逢根あまみ/著
62 深夜の路地で、立ち食いサラダバー   377-381
椋橋彩香/著
63 仙人茶館重慶   382-395
菊地智子/著
64 1980年代前半、サイゼリヤ稲毛駅前店   396-400
マキエマキ/著
65 打ち上げ花火と水餃子   401-405
村上巨樹/著
66 オリオン座の下にあったミヤマ   406-411
村上賢司/著
67 シンプリーのスペカツ   412-416
桑原圭/著
68 神田神保町のめし屋「近江や」と「美学校」   417-422
直川隆久/著
69 修行道場高野山   425-430
梶井照陰/著
70 私がジョン・ヴォイトになった日   431-435
高橋洋二/著
71 夜来香名古屋・栄店   436-440
Oka‐Chang/著
72 唐あげ塾   441-445
ディスク百合おん/著
73 永遠の21秒   446-451
豊田道倫/著
74 戦争オカマについて   452-456
茅野裕城子/著
75 白檀の香り   457-461
池田宏/著
76 夢の跡   462-465
金谷仁美/著
77 フリークスお茶屋の話   466-470
都築響一/著
78 松屋バイトで見た十三の景色   471-480
徳谷柿次郎/著
79 北浦和のさらじゅ   481-484
島田真人/著
80 突撃せよ!あさましい山荘   485-493
小林勇貴/著
81 しみいるうどんといなりずし   494-498
スケラッコ/著
82 三鷹アンダーグラウンド   500-506
平民金子/著
83 東京の、みんなのとんかつ登亭   507-511
本人/著
84 大阪ミナミ・高島田   512-517
鵜飼正樹/著
85 スナック・ストーン   518-523
石原もも子/著
86 どこまでも続く森   524-530
たけしげみゆき/著
87 ニンニクのにおい、駅ビルからの眺め   531-536
VIDEOTAPEMUSIC/著
88 イクツニナッテモアソビタイ、と台湾料理屋のママは云った   545-553
友川カズキ/著
89 売女に居場所を潰されて   554-557
クーロン黒沢/著
90 バーニングマンのラーメン屋台   558-563
柳下毅一郎/著
91 週末酒場にて/五反田・たこ平   564-567
幣旗愛子/著
92 マクドナルドと客家土楼   568-572
安田峰俊/著
93 またみんなで行く   573-576
平野紗季子/著
94 丸福(仮名)の醬油らーめん   579-584
村田沙耶香/著
95 幻の本場インドカレー   585-592
高野秀行/著
96 見えない餅   593-597
くどうれいん/著
97 ミクシィ時代の「都会の森ガーデン」   598-603
田尻彩子/著
98 なくなったピンパブ   604-617
比嘉健二/著
99 <タイム>と<フェズ>   619-624
バリー・ユアグロー/著 柴田元幸/訳
100 シドの酢漬け   626-633
大竹伸朗/著
前のページへ

本文はここまでです。


ページの終わりです。