感染拡大防止のため、本を読む前、読んだ後は手を洗いましょう。みなさまのご協力をお願いします。

検索結果書誌詳細

  • 書誌の詳細です。 現在、この資料への予約は 0 件あります。
  • ・予約するときは「予約カートに入れる」ボタンをクリックしてください。予約するには図書館窓口で発行したパスワードが必要です。
    ・「予約カートに入れる」ボタンが出ない書誌には予約できません。
    詳しくは「マイページについて-インターネットで予約するには」をご覧ください。

蔵書情報

この資料の蔵書に関する統計情報です。現在の所蔵数 在庫数 予約数などを確認できます。

所蔵数 1 在庫数 1 予約数 0

書誌情報サマリ

書名

賢治学 第6輯  特集宮澤賢治得業論文100年

著者名 岩手大学人文社会科学部宮沢賢治いわて学センター/編
出版者 杜陵高速印刷出版部
出版年月 2019.7
請求記号 910268/02151/6


この資料に対する操作

カートに入れる を押すと この資料を 予約する候補として予約カートに追加します。

いますぐ予約する を押すと 認証後この資料をすぐに予約します。


登録する本棚ログインすると、マイ本棚が利用できます。


資料情報

各蔵書資料に関する詳細情報です。

No. 所蔵館 資料番号 資料種別 配架場所 別置 帯出 状態
1 鶴舞0237767496一般和書児童書研究 在庫 

書誌詳細

この資料の書誌詳細情報です。

請求記号 910268/02151/6
書名 賢治学 第6輯  特集宮澤賢治得業論文100年
著者名 岩手大学人文社会科学部宮沢賢治いわて学センター/編
出版者 杜陵高速印刷出版部
出版年月 2019.7
ページ数 241p
大きさ 21cm
巻書名 特集宮澤賢治得業論文100年
ISBN 978-4-88781-135-5
一般注記 第5輯までの出版者:東海大学出版部
分類 910268
個人件名 宮沢賢治
書誌種別 一般和書
内容紹介 岩手大学から宮澤賢治に関する知を発信する。第6輯は、特集「宮澤賢治得業論文100年」として、賢治の得業論文(卒業論文)を読み込み、彼の思考方法、論理性に迫る。得業論文の自筆稿を初収録。
タイトルコード 1001910050001

要旨 宮澤賢治の得業論文(卒業論文)提出から100年。自筆稿初収録!!
目次 特集 宮澤賢治得業論文一〇〇年(宮澤賢治得業論文「腐植質中ノ無機成分ノ植物ニ対スル価値」活字化資料
宮澤賢治の得業論文を読む
鼎談「賢治詩歌のこころを語る:岩手出身の詩人・歌人・俳人の立場から」)
コラム それぞれの賢治
宮澤賢治センター研究例会より(賢治作品に見られる自己犠牲・自己否定および隣人愛の概念について
映画『愁いの王―宮澤賢治』)
フォーラム「賢治学」(ロシアにおける宮澤賢治文学の受容の現状と今後
『グスコーブドリの伝記』と冷害気象学の矛盾考―「火山局員の犠牲」の二重映像
宮澤賢治における西洋近代美学受容研究序説―“思索メモ5”を端緒として
宮沢賢治と草野心平―出会えなかった一〇年間“幻の花巻行”)


内容細目表:

1 宮澤賢治得業論文「腐植質中ノ無機成分ノ植物ニ対スル価値」活字化資料   32-39
2 宮澤賢治の得業論文を読む   40-83
伊藤菊一/著
3 賢治詩歌のこころを語る:岩手出身の詩人・歌人・俳人の立場から   鼎談   84-109
佐藤通雅/述 城戸朱理/述 照井翠/述
4 哲学者と小説家の「不満」   滝浦静雄と伊坂幸太郎にみる賢治像   112-117
小林直之/著
5 警察回り記者、宮沢賢治を再読する   118-121
佐藤桃花/著
6 宮澤賢治と高橋秀松   二人の友情と「産業組合」   122-127
大内秀明/著
7 画家、松本竣介の心象絵画   賢治へのオマージュか、作品『ニコライ堂の横の道』   128-132
栗原文子/著
8 『虔十公園林』と今を生きる「一人の作者」としての我々の課題   133-144
田中成行/著
9 賢治作品に見られる自己犠牲・自己否定および隣人愛の概念について   146-159
P.A.ジョージ/著
10 映画『愁いの王-宮澤賢治-』   160-164
吉田重滿/著
11 ロシアにおける宮澤賢治文学の受容の現状と今後   166-172
増田エレーナ/著
12 『グスコーブドリの伝記』と冷害気象学の矛盾考   「火山局員の犠牲」の二重映像   173-200
松元季久代/著
13 宮澤賢治における西洋近代美学受容研究序説   <思索メモ5>を端緒として   201-225
木村直弘/著
14 宮沢賢治と草野心平   出会えなかった一〇年間<幻の花巻行>   226-240
小野浩/著
前のページへ

本文はここまでです。


ページの終わりです。