感染拡大防止のため、本を読む前、読んだ後は手を洗いましょう。みなさまのご協力をお願いします。
千種図書館受取の予約は、工事のため令和4年7月21日からできません。
詳細はトップページの「重要なお知らせ」をご覧ください。

検索結果書誌詳細

  • 書誌の詳細です。 現在、この資料への予約は 0 件あります。
  • ・予約するときは「予約カートに入れる」ボタンをクリックしてください。予約するには図書館窓口で発行したパスワードが必要です。
    ・「予約カートに入れる」ボタンが出ない書誌には予約できません。
    詳しくは「マイページについて-インターネットで予約するには」をご覧ください。

蔵書情報

この資料の蔵書に関する統計情報です。現在の所蔵数 在庫数 予約数などを確認できます。

所蔵数 1 在庫数 1 予約数 0

書誌情報サマリ

書名

キリスト教と社会学の間 宗教と社会倫理論集  (阪南大学叢書)

著者名 村田充八/著
出版者 晃洋書房
出版年月 2017.3
請求記号 191/00124/


この資料に対する操作

カートに入れる を押すと この資料を 予約する候補として予約カートに追加します。

いますぐ予約する を押すと 認証後この資料をすぐに予約します。


登録する本棚ログインすると、マイ本棚が利用できます。


資料情報

各蔵書資料に関する詳細情報です。

No. 所蔵館 資料番号 資料種別 配架場所 別置 帯出 状態
1 鶴舞0210880639一般和書2階開架人文・社会在庫 

書誌詳細

この資料の書誌詳細情報です。

請求記号 191/00124/
書名 キリスト教と社会学の間 宗教と社会倫理論集  (阪南大学叢書)
著者名 村田充八/著
出版者 晃洋書房
出版年月 2017.3
ページ数 16,347,10p
大きさ 22cm
シリーズ名 阪南大学叢書
シリーズ巻次 108
ISBN 978-4-7710-2853-1
分類 1917
一般件名 キリスト教倫理   社会道徳
書誌種別 一般和書
内容紹介 キリスト教の視座から、現実の社会、宗教社会、キリスト教等の宗教について考察した論文を集成。「教育と社会学」など、一貫して社会学を学んできた著者の、社会をより中立的にみようとする論点にもとづいた全7編を収録する。
タイトルコード 1001710004871

目次 第1部 キリスト教と社会学の間(キリスト教と社会学の間―聖書から読み解く社会と人間
キリスト教有神論と環境問題―神の創造とスチュワード(管理人)
教育と社会学―教育社会学の源流とキリスト教の教育
社会的規範とネットワークの社会学―日本の女性と社会倫理)
第2部 宗教と社会倫理の間(宗教とソーシャル・キャピタル
悪と死の倫理―人間の本性、社会のエートス、宗教的共生
リスク化する国際社会と戦争責任―世代間倫理と共生)
著者情報 村田 充八
 1951年兵庫県生まれ。1976年関西学院大学社会学部卒業。1981年同、社会学研究科博士課程後期課程単位取得退学(社会倫理学・宗教社会学専攻)。1981年大阪基督教短期大学専任講師。1985年米国ロバーツ・ウェスレアン大学交換研究員。1987年阪南大学経済学部助教授。1993年同大学同学部教授。1997年〜米国カルヴァン大学客員研究員(〜98年)。1997年〜阪南大学国際コミュニケーション学部教授。1998年博士(学術・関西学院大学)。2012年〜ロンドン大学(SOAS)客員教研究員(〜13年)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


内容細目表:

前のページへ

本文はここまでです。


ページの終わりです。