感染拡大防止のため、本を読む前、読んだ後は手を洗いましょう。みなさまのご協力をお願いします。
詳細はトップページの「重要なお知らせ」をご覧ください。

検索結果書誌詳細

  • 書誌の詳細です。 現在、この資料への予約は 0 件あります。
  • ・予約するときは「予約カートに入れる」ボタンをクリックしてください。予約するには図書館窓口で発行したパスワードが必要です。
    ・「予約カートに入れる」ボタンが出ない書誌には予約できません。
    詳しくは「マイページについて-インターネットで予約するには」をご覧ください。

蔵書情報

この資料の蔵書に関する統計情報です。現在の所蔵数 在庫数 予約数などを確認できます。

所蔵数 1 在庫数 1 予約数 0

書誌情報サマリ

書名

ロラン・バルトの遺産

著者名 エリック・マルティ/[著] アントワーヌ・コンパニョン/[著] フィリップ・ロジェ/[著]
出版者 みすず書房
出版年月 2008.12
請求記号 9502/00180/


この資料に対する操作

カートに入れる を押すと この資料を 予約する候補として予約カートに追加します。

いますぐ予約する を押すと 認証後この資料をすぐに予約します。


登録する本棚ログインすると、マイ本棚が利用できます。


資料情報

各蔵書資料に関する詳細情報です。

No. 所蔵館 資料番号 資料種別 配架場所 別置 帯出 状態
1 鶴舞0235335239一般和書2階開架文学・芸術在庫 

書誌詳細

この資料の書誌詳細情報です。

請求記号 9502/00180/
書名 ロラン・バルトの遺産
著者名 エリック・マルティ/[著]   アントワーヌ・コンパニョン/[著]   フィリップ・ロジェ/[著]
出版者 みすず書房
出版年月 2008.12
ページ数 254p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-622-07433-5
分類 950278
個人件名 Barthes,Roland
書誌種別 一般和書
内容紹介 師との友情の思い出、書かれなかった小説の秘密、近東と極東がバルトにもたらした文化体験…。20代でバルトと知り合い、若き友人となって彼の晩年を見まもった3人が綴ったバルト論集。
タイトルコード 1000810126670

要旨 本書には、バルトをめぐる三つのテクストが収められている。バルト研究の第一人者マルティは、師友との私的かつ知的な回想で初めてバルトの肉声と振舞を語り、コレージュ・ド・フランスで文学を講じるコンパニョンは、バルトによる“小説”の準備の軌跡を鮮やかに分析し、ロジェは、近東(ロティのトルコと、その系としてのモロッコ)と極東(日本)の二つのオリエント文化がバルトに与えたものを論じる。弟子=友人としてバルトから直接に受け取ったものを各々が照らしだす、最新にして最良のバルト論集。
目次 ある友情の思い出
ロラン・バルトの“小説”
ふたつのオリエント
著者情報 マルティ,エリック
 1955年生まれ。パリ第7大学教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
コンパニョン,アントワーヌ
 1950年生まれ。コレージュ・ド・フランス教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
ロジェ,フィリップ
 1949年生まれ。フランス国立科学研究所研究指導教授、社会学高等研究院研究指導教授、ヴァージニア大学教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
石川 美子
 1980年、京都大学文学部卒業。東京大学人文科学研究科博士課程を経て、1992年、パリ第7大学で博士号取得。フランス文学専攻。現在、明治学院大学文学部教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
中地 義和
 1952年和歌山県生まれ。1976年、東京大学教養学科卒業。1985年、パリ第3大学博士。現在、東京大学大学院人文社会系研究科・文学部教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


内容細目表:

前のページへ

本文はここまでです。


ページの終わりです。