感染拡大防止のため、本を読む前、読んだ後は手を洗いましょう。みなさまのご協力をお願いします。

本のないよう

  • 本のくわしいないようです。 この本は、今 0 人がよやくしています。
  • ・この本をよやくをするときは、「よやくカートに入れる」ボタンをクリックしてください。よやくするには、図書館がはっこうしたパスワードが必要です。
    ・「よやくカートに入れる」ボタンが出ないものはインターネットからよやくできません。

ぞうしょじょうほう

この資料の蔵書に関する統計情報です。現在の所蔵数 在庫数 予約数などを確認できます。

本のかず 17 ざいこのかず 17 よやくのかず 0

しょしじょうほうサマリ

本のだいめい

食べもの記

書いた人の名前 森枝卓士/著
しゅっぱんしゃ 福音館書店
しゅっぱんねんげつ 2001.03
本のきごう 38/00417/


この資料に対する操作

カートに入れる を押すと この資料を 予約する候補として予約カートに追加します。

いますぐ予約する を押すと 認証後この資料をすぐに予約します。


とうろくするほんだなログインすると、マイほんだながりようできます。


本のばしょ

各蔵書資料に関する詳細情報です。

No. としょかん 本のばんごう 本のしゅるい 本のばしょ くわしいばしょ せいげん じょうたい
1 鶴舞0233837137じどう図書児童書庫 在庫 
2 鶴舞0238190755じどう図書じどう開架 在庫 
3 西5130502452じどう図書じどう開架 在庫 
4 熱田2230790350じどう図書じどう開架 在庫 
5 2330803236じどう図書じどう開架 在庫 
6 2430844429じどう図書じどう開架 在庫 
7 2630924385じどう図書じどう開架 在庫 
8 2730847734じどう図書じどう開架 在庫 
9 千種2830786899じどう図書じどう開架 在庫 
10 中川3030856912じどう図書じどう開架 在庫 
11 守山3131704839じどう図書じどう開架 在庫 
12 3231980339じどう図書じどう開架 在庫 
13 天白3431280464じどう図書じどう開架 在庫 
14 南陽4230124275じどう図書じどう開架 在庫 
15 4330629868じどう図書じどう開架 在庫 
16 富田4430578767じどう図書書庫 在庫 
17 徳重4630302562じどう図書じどう開架 在庫 

かんれんしりょう

この資料に関連する資料を 同じ著者 出版年 分類 件名 受賞などの切り口でご紹介します。

しょししょうさい

この資料の書誌詳細情報です。

本のきごう 38/00417/
本のだいめい 食べもの記
書いた人の名前 森枝卓士/著
しゅっぱんしゃ 福音館書店
しゅっぱんねんげつ 2001.03
ページすう 207p
おおきさ 31cm
ISBN 4-8340-1740-0
ぶんるい 3838
いっぱんけんめい 食物   料理   食生活
本のしゅるい じどう図書
タイトルコード 1009910080399
ししょのおすすめ 食べもののならぶ市場や、食事のようすなど世界各地の食べものにまつわる写真を集めました。世界の「食」をめしあがれ。(高学年から)『ひらいてみようかがくのとびら』より

ようし これは食の文化の博物館のような本です。世界各地の食べ物や料理法、食べ方などが、たくさんの写真で紹介されています。頁をめくっていると、世界にはさまざまな食の文化があることがわかります。人間にとって、食べることは、いちばん大切な営みです。それでいて、世界の人びとの食生活について、わかりやすく教えてくれる本はあまりなかったのです。大人から子どもまで、楽しみながら、外国の食の文化について知ることができるのが、この本です。
もくじ


菓子
野菜
果物

ベジタリアン


香辛料
保存食
市場
台所
料理する
食べる
食卓の風景
飲む
ちょしゃじょうほう 森枝 卓士
 1955年熊本県に生まれる。高校生の頃、アメリカ人の写真家、ユージン・スミスと出会い、写真家を志す。国際基督教大学で文化人類学を学び、以後、アジアをはじめ、世界各地を歩き、写真、文章を新聞、雑誌に発表。札幌大学などで食文化論を講じる。食に関わる主な著書に、『食は東南アジアにあり』(弘文堂、ちくま文庫)、『カレーライスと日本人』、『アジア菜食紀行』(講談社現代新書)、『味覚の探求』(河出書房新社、中公文庫)、『日本食紀』(中央公論社)、『ヨーロッパ民族食図鑑』、『世界お菓子紀行』(ちくま文庫)、『カレーライスがやってきた』(福音館書店)などがある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


ないよう細目表:

前のページへ

本文はここまでです。


ページの終わりです。