感染拡大防止のため、本を読む前、読んだ後は手を洗いましょう。みなさまのご協力をお願いします。
詳細はトップページの「重要なお知らせ」をご覧ください。

本のないよう

  • 本のくわしいないようです。 この本は、今 0 人がよやくしています。
  • ・この本をよやくをするときは、「よやくカートに入れる」ボタンをクリックしてください。よやくするには、図書館がはっこうしたパスワードが必要です。
    ・「よやくカートに入れる」ボタンが出ないものはインターネットからよやくできません。

ぞうしょじょうほう

この資料の蔵書に関する統計情報です。現在の所蔵数 在庫数 予約数などを確認できます。

本のかず 20 ざいこのかず 16 よやくのかず 0

しょしじょうほうサマリ

本のだいめい

香菜とななつの秘密

書いた人の名前 福田隆浩/著
しゅっぱんしゃ 講談社
しゅっぱんねんげつ 2017.4
本のきごう 913/20813/


この資料に対する操作

カートに入れる を押すと この資料を 予約する候補として予約カートに追加します。

いますぐ予約する を押すと 認証後この資料をすぐに予約します。


とうろくするほんだなログインすると、マイほんだながりようできます。


本のばしょ

各蔵書資料に関する詳細情報です。

No. としょかん 本のばんごう 本のしゅるい 本のばしょ くわしいばしょ せいげん じょうたい
1 鶴舞0237119029じどう図書じどう開架 貸出中 
2 西2132341690じどう図書じどう開架 在庫 
3 熱田2232209714じどう図書じどう開架 貸出中 
4 2332089149じどう図書じどう開架 貸出中 
5 2432338479じどう図書じどう開架 在庫 
6 中村2532118540じどう図書じどう開架 在庫 
7 2632213431じどう図書じどう開架 在庫 
8 2732152984じどう図書じどう開架 在庫 
9 千種2832026385じどう図書じどう開架 在庫 
10 瑞穂2932198522じどう図書じどう開架 在庫 
11 中川3032175931じどう図書じどう開架 在庫 
12 守山3132355755じどう図書じどう開架 在庫 
13 3232265102じどう図書じどう開架 在庫 
14 名東3332411135じどう図書じどう開架 在庫 
15 山田4130725767じどう図書じどう開架 在庫 
16 南陽4230822837じどう図書じどう開架 在庫 
17 4331343030じどう図書じどう開架 貸出中 
18 富田4431311960じどう図書じどう開架 在庫 
19 志段味4530768706じどう図書じどう開架 在庫 
20 徳重4630528364じどう図書じどう開架 在庫 

しょししょうさい

この資料の書誌詳細情報です。

本のきごう 913/20813/
本のだいめい 香菜とななつの秘密
書いた人の名前 福田隆浩/著
しゅっぱんしゃ 講談社
しゅっぱんねんげつ 2017.4
ページすう 231p
おおきさ 20cm
ISBN 978-4-06-220473-6
ぶんるい 9136
本のしゅるい じどう図書
ないようしょうかい 学年文庫の秘密、干支の秘密…。引っ込み思案で話すことが苦手な小学5年生の香菜が、“聞き上手”と“観察眼”を武器に、クラスメートと様々な謎を解決する! ほのぼの学校ミステリー。
タイトルコード 1001710007393
ししょのおすすめ 小学五年生の香菜(かな)は恥(は)ずかしがりやで、引っ込(こ)み思案で、人前で話すことが苦手で苦手でしょうがない。でも、聞き上手で、細かいところに気付き、気になったことは納得(なっとく)いくまで考える。そんな香菜が、学年文庫や担任の先生など、学校で起きるななつの秘密(ひみつ)をクラスメートといっしょに解決(かいけつ)していく。(高学年から)『こんなほんあんなほん 2018年度版小学生向き』より

ようし 「気になるものは気になる。そうなったら放っておけない。」話すことが苦手な香菜が“聞き上手”と“観察眼”を武器に、クラスメートといっしょに学校の謎を解決!『ふたり』の福田隆浩最新作、ほんわりとあたたかい学校ミステリー!
ちょしゃじょうほう 福田 隆浩
 1963年生まれ。兵庫教育大学大学院修了。長崎県の特別支援学校勤務。『熱風』で、第48回講談社児童文学新人賞佳作受賞。『ひみつ』(講談社)が第50回野間児童文芸賞最終候補作に、『ふたり』(講談社)が2014年青少年読書感想文全国コンクール課題図書に、『幽霊魚』(講談社)が2016年読書感想画中央コンクール課題図書に選ばれる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


ないよう細目表:

前のページへ

本文はここまでです。


ページの終わりです。