感染拡大防止のため、本を読む前、読んだ後は手を洗いましょう。みなさまのご協力をお願いします。

本のないよう

  • 本のくわしいないようです。 この本は、今 0 人がよやくしています。
  • ・この本をよやくをするときは、「よやくカートに入れる」ボタンをクリックしてください。よやくするには、図書館がはっこうしたパスワードが必要です。
    ・「よやくカートに入れる」ボタンが出ないものはインターネットからよやくできません。

ぞうしょじょうほう

この資料の蔵書に関する統計情報です。現在の所蔵数 在庫数 予約数などを確認できます。

本のかず 20 ざいこのかず 19 よやくのかず 0

しょしじょうほうサマリ

本のだいめい

すし食いねえ (講談社・文学の扉)

書いた人の名前 吉橋通夫/著
しゅっぱんしゃ 講談社
しゅっぱんねんげつ 2015.7
本のきごう 913/20296/


この資料に対する操作

カートに入れる を押すと この資料を 予約する候補として予約カートに追加します。

いますぐ予約する を押すと 認証後この資料をすぐに予約します。


とうろくするほんだなログインすると、マイほんだながりようできます。


本のばしょ

各蔵書資料に関する詳細情報です。

No. としょかん 本のばんごう 本のしゅるい 本のばしょ くわしいばしょ せいげん じょうたい
1 鶴舞0236701843じどう図書じどう開架 在庫 
2 西2132218062じどう図書じどう開架 在庫 
3 熱田2232080990じどう図書じどう開架 在庫 
4 2331984795じどう図書じどう開架 在庫 
5 2432206130じどう図書じどう開架 在庫 
6 中村2532029390じどう図書じどう開架 在庫 
7 2632111874じどう図書じどう開架高学年在庫 
8 2732045923じどう図書じどう開架 在庫 
9 千種2831917345じどう図書じどう開架 在庫 
10 瑞穂2932070689じどう図書じどう開架 在庫 
11 守山3132249032じどう図書じどう開架 在庫 
12 3232141709じどう図書じどう開架 在庫 
13 名東3332276447じどう図書じどう開架 在庫 
14 天白3432094526じどう図書じどう開架高学年在庫 
15 山田4130649538じどう図書じどう開架 在庫 
16 南陽4230745244じどう図書じどう開架 貸出中 
17 4331262149じどう図書じどう開架 在庫 
18 富田4431235144じどう図書じどう開架 在庫 
19 志段味4530692195じどう図書じどう開架 在庫 
20 徳重4630374785じどう図書じどう開架 在庫 

かんれんしりょう

この資料に関連する資料を 同じ著者 出版年 分類 件名 受賞などの切り口でご紹介します。

しょししょうさい

この資料の書誌詳細情報です。

本のきごう 913/20296/
本のだいめい すし食いねえ (講談社・文学の扉)
書いた人の名前 吉橋通夫/著
しゅっぱんしゃ 講談社
しゅっぱんねんげつ 2015.7
ページすう 223p
おおきさ 20cm
シリーズめい 講談社・文学の扉
ISBN 978-4-06-283232-8
ぶんるい 9136
本のしゅるい じどう図書
ないようしょうかい 豆吉が店番をしていると、店先で若侍とふたりの追っ手が立ち回りを始めた。するとそこに現れたもみじ色の小そでの娘が…!? 小学生から読める、痛快グルメ時代小説。
しょし・ねんぴょう にぎりずし年表:p222〜223
タイトルコード 1001510031345
ししょのおすすめ 時は江戸時代、12歳の豆吉(まめきち)は、おとっつぁんと二人で屋台の与兵衛(よへえ)ずしを切り盛(も)りしています。名物は早づけずし。ほかのすし屋の押(お)しずしよりも、新しくて活(い)きのいいのが自慢(じまん)で、いつか内店(うちみせ)を持つのが夢です。そんな豆吉はひょんなことから、江戸に来た若侍(わかざむらい)を助けることになりました。(高学年から)『こんなほんあんなほん 2016年度版小学生向き』より

ようし 豆吉が店番をしていると、店先で若侍とふたりの追っ手が立ち回りを始めた。するとそこに現れたもみじ色の小そでの娘が…!?痛快グルメ時代小説。小学上級から。
ちょしゃじょうほう 吉橋 通夫
 1944年、岡山県生まれ。法政大学卒。「季節風」同人。『たんばたろう』(TBSブリタニカ)で毎日童話新人賞受賞、『京のかざぐるま』(日本標準)で日本児童文学者協会賞受賞、『なまくら』(講談社文庫)で野間児童文芸賞、京都水無月大賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


ないよう細目表:

前のページへ

本文はここまでです。


ページの終わりです。