感染拡大防止のため、本を読む前、読んだ後は手を洗いましょう。みなさまのご協力をお願いします。
千種図書館は工事のため、令和4年12月19日まで臨時休館し、12月20日から部分開館します。
詳細はトップページの「重要なお知らせ」をご覧ください。

検索結果書誌詳細

  • 書誌の詳細です。 現在、この資料への予約は 0 件あります。
  • ・予約するときは「予約カートに入れる」ボタンをクリックしてください。予約するには図書館窓口で発行したパスワードが必要です。
    ・「予約カートに入れる」ボタンが出ない書誌には予約できません。
    詳しくは「マイページについて-インターネットで予約するには」をご覧ください。

蔵書情報

この資料の蔵書に関する統計情報です。現在の所蔵数 在庫数 予約数などを確認できます。

所蔵数 1 在庫数 1 予約数 0

書誌情報サマリ

書名

医療立国論 崩壊する医療制度に歯止めをかける!

著者名 大村昭人/著
出版者 日刊工業新聞社
出版年月 2007.05
請求記号 4981/00458/


この資料に対する操作

カートに入れる を押すと この資料を 予約する候補として予約カートに追加します。

いますぐ予約する を押すと 認証後この資料をすぐに予約します。


登録する本棚ログインすると、マイ本棚が利用できます。


資料情報

各蔵書資料に関する詳細情報です。

No. 所蔵館 資料番号 資料種別 配架場所 別置 帯出 状態
1 鶴舞2331391314一般和書2階書庫 在庫 

書誌詳細

この資料の書誌詳細情報です。

請求記号 4981/00458/
書名 医療立国論 崩壊する医療制度に歯止めをかける!
著者名 大村昭人/著
出版者 日刊工業新聞社
出版年月 2007.05
ページ数 209p
大きさ 19cm
ISBN 4-526-05880-7
ISBN 978-4-526-05880-6
分類 49813
一般件名 医療制度
書誌種別 一般和書
内容注記 文献:p208〜209
タイトルコード 1009917016751

要旨 医療費の削減・市場原理主義の導入では医療改革は成功しない。
目次 第1章 「医療費亡国論」から「医療立国論」へ
第2章 先進国の犯した過ち―アメリカ、イギリス、カナダの医療制度改革
第3章 先進3ケ国の医療制度改革の失敗から学ぶべきことは、何か?
第4章 日本の医療環境と医療事故を考える―病院勤務医師や看護師は疲労困憊している
第5章 混合診療と特定療養費の問題に見る、医療の市場原理化論について
第6章 日本の医療制度の現状を見てみよう
第7章 社会保障制度はこれでよいのか
第8章 日本の医療制度の将来像は?
第9章 改正薬事法と医療にしり込みする大企業
第10章 医療立国論―医療技術で世界をリードして国民を幸せにできる!
著者情報 大村 昭人
 帝京大学前医学部長、帝京大学医学部名誉教授。1967年東京大学医学部医学科卒業。東京大学付属病院、岐阜村上記念病院、北里大学で外科、麻酔科研修後、1973年ワシントン州立大学麻酔科レジデント、76年ユタ州立大学麻酔科講師、78年同助教授、79年帝京大学医学部麻酔科助教授、86年同溝口病院麻酔科教授、96年同副院長、2003年帝京大学医学部長。2007年4月帝京大学医学部名誉教授、帝京大学医療技術学部臨床検査科主任教授。専門医資格、1976年Diplomate of The American Board of Aesthesiology(専門医:American Society of Anesthesiologists)。1982年日本麻酔科学会指導医。1993年日本ペインクリニック学会認定医。1995年日本集中治療医学会専門医。所属学会、(社)日本麻酔科学会、日本臨床麻酔科学会、日本集中治療医学会、日本呼吸療法医学会、The American Society of Anesthesiologists等。社会的役割、ISO/TC121(専門委員会121)、国内委員会委員長、3学会合同呼吸療法認定士認定委員会事務局長、(社)日本麻酔科学会理事、日本工業標準調査会医療用具技術専門委員会委員、厚生労働省医道審議会麻酔科標榜医審査委員、その他:厚労省臨床工学技士国家試験委員、(財)医療機器センター評議員、(社)臨床工学技士会理事、(社)日本病院会医療税制委員会委員等。Editorial Board,Ambulatory Surgery,The official clinical journal of The International Society for Ambulatory Surgery(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


内容細目表:

前のページへ

本文はここまでです。


ページの終わりです。