感染拡大防止のため、本を読む前、読んだ後は手を洗いましょう。みなさまのご協力をお願いします。
千種図書館は工事のため、令和4年8月4日から臨時休館します。
詳細はトップページの「重要なお知らせ」をご覧ください。

検索結果書誌詳細

  • 書誌の詳細です。 現在、この資料への予約は 0 件あります。
  • ・予約するときは「予約カートに入れる」ボタンをクリックしてください。予約するには図書館窓口で発行したパスワードが必要です。
    ・「予約カートに入れる」ボタンが出ない書誌には予約できません。
    詳しくは「マイページについて-インターネットで予約するには」をご覧ください。

蔵書情報

この資料の蔵書に関する統計情報です。現在の所蔵数 在庫数 予約数などを確認できます。

所蔵数 1 在庫数 1 予約数 0

書誌情報サマリ

書名

内観法 実践の仕組みと理論

著者名 長山恵一/著 清水康弘/著
出版者 日本評論社
出版年月 2006.07
請求記号 146/00766/


この資料に対する操作

カートに入れる を押すと この資料を 予約する候補として予約カートに追加します。

いますぐ予約する を押すと 認証後この資料をすぐに予約します。


登録する本棚ログインすると、マイ本棚が利用できます。


資料情報

各蔵書資料に関する詳細情報です。

No. 所蔵館 資料番号 資料種別 配架場所 別置 帯出 状態
1 鶴舞0210655585一般和書2階開架人文・社会在庫 

書誌詳細

この資料の書誌詳細情報です。

請求記号 146/00766/
書名 内観法 実践の仕組みと理論
著者名 長山恵一/著   清水康弘/著
出版者 日本評論社
出版年月 2006.07
ページ数 496p
大きさ 22cm
ISBN 4-535-56209-1
分類 1468
一般件名 心理療法   内観(心理学)
書誌種別 一般和書
内容注記 文献:p487〜496
タイトルコード 1009916029519

要旨 内観体験の展開を内観「原法」のプロセスに即してきわめて具体的かつ丁寧に提示する。内観療法の特徴を他の療法と比較しながら理論化し心理療法それ自体への提言を試みる。
目次 序章 方法と課題(本書の基本的な立場と問題意識
内観法の概略と瞑想の森・内観研修所について)
第1章 内観法の実践的な仕組み(内観法の外枠的構造
内観法の内枠的構造―内観三項目と回想システム)
第2章 内観法の体験事例と体験過程(集中内観体験の事例
内観法における抵抗の諸相と体験過程)
第3章 内観法の理論(内観法の治療構造
内観法における防衛処理と「退行」 ほか)
補章 内観の多面性(内観法の臨床と研究の方向性
柳田鶴声の内観の世界)
著者情報 長山 恵一
 1951年、群馬県生まれ。鳥取大学医学部卒業、東京慈恵会医科大学大学院博士課程修了、医学博士。法政大学文学部助教授、教授を経て、法政大学現代福祉学部教授・大学院人間社会研究科教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
清水 康弘
 1967年、栃木県生まれ。東京理科大学工学部経営工学科卒業。1986年、瞑想の森内観研修所にて初めて内観を体験する。1995年、柳田鶴声に師事し、瞑想の森内観研修所にて内観の指導にあたる。1997年、瞑想の森内観研修所所長となり、現在に至る(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


内容細目表:

前のページへ

本文はここまでです。


ページの終わりです。