感染拡大防止のため、本を読む前、読んだ後は手を洗いましょう。みなさまのご協力をお願いします。
詳細はトップページの「重要なお知らせ」をご覧ください。

検索結果書誌詳細

  • 書誌の詳細です。 現在、この資料への予約は 0 件あります。
  • ・予約するときは「予約カートに入れる」ボタンをクリックしてください。予約するには図書館窓口で発行したパスワードが必要です。
    ・「予約カートに入れる」ボタンが出ない書誌には予約できません。
    詳しくは「マイページについて-インターネットで予約するには」をご覧ください。

蔵書情報

この資料の蔵書に関する統計情報です。現在の所蔵数 在庫数 予約数などを確認できます。

所蔵数 1 在庫数 1 予約数 0

書誌情報サマリ

書名

理性の使用 ひとはいかにして市民となるのか

著者名 富永茂樹/[著]
出版者 みすず書房
出版年月 2005.01
請求記号 309/00149/


この資料に対する操作

カートに入れる を押すと この資料を 予約する候補として予約カートに追加します。

いますぐ予約する を押すと 認証後この資料をすぐに予約します。


登録する本棚ログインすると、マイ本棚が利用できます。


資料情報

各蔵書資料に関する詳細情報です。

No. 所蔵館 資料番号 資料種別 配架場所 別置 帯出 状態
1 鶴舞0234614709一般和書2階書庫 在庫 

書誌詳細

この資料の書誌詳細情報です。

請求記号 309/00149/
書名 理性の使用 ひとはいかにして市民となるのか
著者名 富永茂樹/[著]
出版者 みすず書房
出版年月 2005.01
ページ数 254,10p
大きさ 20cm
ISBN 4-622-07130-4
分類 3090235
一般件名 社会思想-フランス   市民社会   啓蒙主義
書誌種別 一般和書
内容注記 文献:巻末p1〜10
タイトルコード 1009914072613

要旨 人間の声はもはや社会のなかで聞こえなくなったのか。18世紀後半における社交の衰退と革命期の議論の悪夢に、近代以降の世界に生きるわれわれの困難を読む。
目次 序章 啓蒙の困難―主体、社会化、コミュニケイション
第1章 バスティーユからビセートルへ―ひとはいかにして市民となるのか(自由の身体、自由の空間
解放(封印令状の廃止
ピネル神話の形成)
なにものかになること…、すべてを知ること…)
第2章 中間集団の声と沈黙―一七九一年春‐秋(不信と敵意(その萌芽
その成長
その完成)
国家主義的個人主義
失われた世界、実現しなかった社会
不信と敵意(その後))
第3章 会話と議論―一八世紀後半のフランスにおける社交の衰退(議論の悪夢
会話の楽しみ
類似と差異/連続と断絶)
終章 読む機械―近代的主体の行方について
著者情報 富永 茂樹
 1950年、滋賀県生まれ。京都大学人文科学研究所教授、知識社会学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


内容細目表:

前のページへ

本文はここまでです。


ページの終わりです。