感染拡大防止のため、本を読む前、読んだ後は手を洗いましょう。みなさまのご協力をお願いします。
詳細はトップページの「重要なお知らせ」をご覧ください。

検索結果書誌詳細

  • 書誌の詳細です。 現在、この資料への予約は 0 件あります。
  • ・予約するときは「予約カートに入れる」ボタンをクリックしてください。予約するには図書館窓口で発行したパスワードが必要です。
    ・「予約カートに入れる」ボタンが出ない書誌には予約できません。
    詳しくは「マイページについて-インターネットで予約するには」をご覧ください。

蔵書情報

この資料の蔵書に関する統計情報です。現在の所蔵数 在庫数 予約数などを確認できます。

所蔵数 1 在庫数 1 予約数 0

書誌情報サマリ

書名

古代日本の女帝とキサキ (角川叢書)

著者名 遠山美都男/著
出版者 角川書店
出版年月 2005.01


この資料に対する操作

カートに入れる を押すと この資料を 予約する候補として予約カートに追加します。

いますぐ予約する を押すと 認証後この資料をすぐに予約します。


登録する本棚ログインすると、マイ本棚が利用できます。


資料情報

各蔵書資料に関する詳細情報です。

No. 所蔵館 資料番号 資料種別 配架場所 別置 帯出 状態
1 鶴舞0234608321一般和書2階開架人文・社会在庫 

書誌詳細

この資料の書誌詳細情報です。

請求記号 2103/00349/
書名 古代日本の女帝とキサキ (角川叢書)
著者名 遠山美都男/著
出版者 角川書店
出版年月 2005.01
ページ数 284p
大きさ 20cm
シリーズ名 角川叢書
シリーズ巻次 29
ISBN 4-04-702129-6
分類 2103
一般件名 日本-歴史-古代   天皇
個人件名 上皇后陛下
書誌種別 一般和書
内容注記 文献:p275〜278 年表:p279〜284
タイトルコード 1009914071441

要旨 古代に六名八代の女帝が集中して現れ、その後「封印」されたのはなぜか?この謎を解くカギとなるのが、キサキ制度である。七世紀の女帝がすべてキサキ経験者であったのに対し、八世紀の女帝にキサキ出身者はおらず、「不婚」(独身)が即位の条件とされた。本書では、推古から称徳までの女性天皇の地位とキサキ制度の変遷をつぶさに検討し、女帝の史的本質を探る。従来の女帝「中継ぎ」論と訣別し、新たな古代女帝の姿に迫る画期的な女帝論。
目次 序章 女帝とキサキへの眼差し―『日本書紀』が描いたキサキの歴史
第1章 キサキから大王へ―豊御食炊屋姫(推古天皇)
第2章 王位と王権の分割―宝皇女(皇極天皇)
第3章 女帝が構想した王権と国家―宝皇女(斉明天皇)
第4章 女帝にならなかったキサキたち―穴穂部間人皇女・間人皇女・倭姫王
第5章 母と呼ばれた女帝―う野讃良皇女(持統天皇)
第6章 新しい女帝の誕生―阿閇皇女(元明天皇)・氷高内親王(元正天皇)
第7章 キサキ制度の変質と転換―藤原安宿媛(光明皇后)
第8章 「不婚」の女帝の光と影―阿倍内親王(孝謙・称徳天皇)
終章 古代女帝の終焉とキサキ制度のゆくえ
著者情報 遠山 美都男
 昭和32年(1957)東京都生まれ。学習院大学文学部史学科卒業、同大学大学院人文科学研究科史学専攻博士後期課程中退。博士(史学)。学習院大学、日本大学非常勤講師。専攻は日本古代史(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


内容細目表:

前のページへ

本文はここまでです。


ページの終わりです。