感染拡大防止のため、本を読む前、読んだ後は手を洗いましょう。みなさまのご協力をお願いします。
千種図書館は工事のため、令和4年8月4日から臨時休館します。
詳細はトップページの「重要なお知らせ」をご覧ください。

検索結果書誌詳細

  • 書誌の詳細です。 現在、この資料への予約は 0 件あります。
  • ・予約するときは「予約カートに入れる」ボタンをクリックしてください。予約するには図書館窓口で発行したパスワードが必要です。
    ・「予約カートに入れる」ボタンが出ない書誌には予約できません。
    詳しくは「マイページについて-インターネットで予約するには」をご覧ください。

蔵書情報

この資料の蔵書に関する統計情報です。現在の所蔵数 在庫数 予約数などを確認できます。

所蔵数 1 在庫数 1 予約数 0

書誌情報サマリ

書名

江戸お留守居役の日記 寛永期の萩藩邸  (講談社学術文庫)

著者名 山本博文/[著]
出版者 講談社
出版年月 2003.10
請求記号 21052/00074/


この資料に対する操作

カートに入れる を押すと この資料を 予約する候補として予約カートに追加します。

いますぐ予約する を押すと 認証後この資料をすぐに予約します。


登録する本棚ログインすると、マイ本棚が利用できます。


資料情報

各蔵書資料に関する詳細情報です。

No. 所蔵館 資料番号 資料種別 配架場所 別置 帯出 状態
1 鶴舞0237886718一般和書2階書庫 在庫 

書誌詳細

この資料の書誌詳細情報です。

請求記号 21052/00074/
書名 江戸お留守居役の日記 寛永期の萩藩邸  (講談社学術文庫)
著者名 山本博文/[著]
出版者 講談社
出版年月 2003.10
ページ数 373p
大きさ 15cm
シリーズ名 講談社学術文庫
シリーズ巻次 1620
ISBN 4-06-159620-9
分類 21052
一般件名 日本-歴史-江戸時代   萩藩
書誌種別 一般和書
タイトルコード 1009913048500

要旨 時代は江戸初期。江戸藩邸に詰めて幕府・諸藩との折衝にあたった萩藩江戸留守居役、福間彦右衛門の日記『公儀所日乗』。そこには二千人の藩士が暮らす藩邸の生活の様子や留守居役の実像が細かく記されている。由井正雪の乱や支藩との対立など、迫りくる危機を彼らはどのように乗り越えたのか。第一級史料が描き出す、藩の命運を賭け奮闘する外交官の姿。
目次 プロローグ 福間彦右衛門の登場
第1章 お留守居役と幕閣・旗本
第2章 支藩との対立
第3章 萩藩の江戸屋敷
第4章 他藩との交渉
第5章 町人と江戸藩邸
第6章 御家のために
第7章 二つの代替わり
エピローグ 彦右衛門の引退
著者情報 山本 博文
 1957年生まれ。東京大学文学部国史学科卒業、同大大学院人文科学研究科修士課程修了。現在、東京大学史料編纂所教授。文学博士。専攻は、近世日本の政治・外交史(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


内容細目表:

前のページへ

本文はここまでです。


ページの終わりです。