感染拡大防止のため、本を読む前、読んだ後は手を洗いましょう。みなさまのご協力をお願いします。
詳細はトップページの「重要なお知らせ」をご覧ください。

検索結果書誌詳細

  • 書誌の詳細です。 現在、この資料への予約は 0 件あります。
  • ・予約するときは「予約カートに入れる」ボタンをクリックしてください。予約するには図書館窓口で発行したパスワードが必要です。
    ・「予約カートに入れる」ボタンが出ない書誌には予約できません。
    詳しくは「マイページについて-インターネットで予約するには」をご覧ください。

蔵書情報

この資料の蔵書に関する統計情報です。現在の所蔵数 在庫数 予約数などを確認できます。

所蔵数 1 在庫数 1 予約数 0

書誌情報サマリ

書名

実名報道の犯罪

著者名 東山麟太郎/著
出版者 近代文芸社
出版年月 2001.05


この資料に対する操作

カートに入れる を押すと この資料を 予約する候補として予約カートに追加します。

いますぐ予約する を押すと 認証後この資料をすぐに予約します。


登録する本棚ログインすると、マイ本棚が利用できます。


資料情報

各蔵書資料に関する詳細情報です。

No. 所蔵館 資料番号 資料種別 配架場所 別置 帯出 状態
1 鶴舞0233874023一般和書2階開架人文・社会在庫 

書誌詳細

この資料の書誌詳細情報です。

請求記号 070/00099/
書名 実名報道の犯罪
著者名 東山麟太郎/著
出版者 近代文芸社
出版年月 2001.05
ページ数 148p
大きさ 20cm
ISBN 4-7733-6784-9
分類 07015
一般件名 犯罪と報道
書誌種別 一般和書
タイトルコード 1009911012895

要旨 冤罪事件を防止できない現状で刑の確定前の逮捕直後からの実名報道で被害者に社会的制裁を加える事が許される事か。犯罪報道で実名報道の必然性の欺瞞を問う。
目次 報道機関「マスメディア」の特定
報道機関の巨大権力
記者のモラルの低下
報道機関の独善性
実名報道の掲載理由の欺瞞
匿名記事の存在意義
少年犯罪での匿名報道
精神障害者の匿名報道の問題点
実名報道への報道機関の拘り
身勝手な報道機関〔ほか〕
著者情報 東山 麟太郎
 出版社の編集者を経て、現在、フリーライター(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


内容細目表:

前のページへ

本文はここまでです。


ページの終わりです。