感染拡大防止のため、本を読む前、読んだ後は手を洗いましょう。みなさまのご協力をお願いします。

検索結果書誌詳細

  • 書誌の詳細です。 現在、この資料への予約は 4 件あります。
  • ・予約するときは「予約カートに入れる」ボタンをクリックしてください。予約するには図書館窓口で発行したパスワードが必要です。
    ・「予約カートに入れる」ボタンが出ない書誌には予約できません。
    詳しくは「マイページについて-インターネットで予約するには」をご覧ください。

蔵書情報

この資料の蔵書に関する統計情報です。現在の所蔵数 在庫数 予約数などを確認できます。

所蔵数 1 在庫数 0 予約数 4

書誌情報サマリ

書名

家康家臣の戦と日常 松平家忠日記をよむ  (角川ソフィア文庫)

著者名 盛本昌広/[著]
出版者 KADOKAWA
出版年月 2022.10
請求記号 2891/05101/


この資料に対する操作

カートに入れる を押すと この資料を 予約する候補として予約カートに追加します。

いますぐ予約する を押すと 認証後この資料をすぐに予約します。


登録する本棚ログインすると、マイ本棚が利用できます。


資料情報

各蔵書資料に関する詳細情報です。

No. 所蔵館 資料番号 資料種別 配架場所 別置 帯出 状態
1 2632501710一般和書一般開架 貸出中 

書誌詳細

この資料の書誌詳細情報です。

請求記号 2891/05101/
書名 家康家臣の戦と日常 松平家忠日記をよむ  (角川ソフィア文庫)
著者名 盛本昌広/[著]
出版者 KADOKAWA
出版年月 2022.10
ページ数 408p
大きさ 15cm
シリーズ名 角川ソフィア文庫
シリーズ巻次 I167-1
ISBN 978-4-04-400714-0
一般注記 「松平家忠日記」(角川書店 1999年刊)の改題,大幅に加筆修正
分類 2891
個人件名 松平家忠
書誌種別 一般和書
内容紹介 徳川家康の一族で、家臣でもある松平家忠の日記には、合戦への備えや、茶・能・連歌を愉しむ様子など、一武将の日々の生活が綴られている。日記をひもとき、戦国における、家康と家臣の実態を解き明かす。
書誌・年譜・年表 文献:p399〜408
タイトルコード 1002210053669

要旨 徳川家康の一族で、家臣でもある松平家忠は、17年間にわたり毎日の出来事や見聞きした情報を書き続けた。「家忠日記」と呼ばれるこの日記には、合戦への備えや、茶・能・連歌を愉しむ様子など、一武将の日々の生活が綴られている。それと同時に、豊臣政権による不条理な要求への愚痴や、歴史が動いた重要局面での家康の動向も記された、他にない貴重な記録である。日記をひもとき、戦国における、家康と家臣の実態を解き明かす。
目次 序章 松平家忠と『家忠日記』
第1章 武田氏との戦い
第2章 秀吉との対決
第3章 家忠の日常生活
第4章 忍における日々
第5章 上代での日々と伏見普請
補論1 深溝松平家と家忠の所領
補論2 鵜殿氏・水野氏の動向と家忠
補論3 不動国行の刀と惣無事令
著者情報 盛本 昌広
 1958年、神奈川県生まれ。慶應義塾大学文学部卒業。東京都立大学大学院修士課程修了。博士(史学)。専攻は日本中世・近世史。神奈川大学、慶應義塾大学、中央大学などで非常勤講師を務めた(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


内容細目表:

前のページへ

本文はここまでです。


ページの終わりです。