感染拡大防止のため、本を読む前、読んだ後は手を洗いましょう。みなさまのご協力をお願いします。

検索結果書誌詳細

  • 書誌の詳細です。 現在、この資料への予約は 0 件あります。
  • ・予約するときは「予約カートに入れる」ボタンをクリックしてください。予約するには図書館窓口で発行したパスワードが必要です。
    ・「予約カートに入れる」ボタンが出ない書誌には予約できません。
    詳しくは「マイページについて-インターネットで予約するには」をご覧ください。

蔵書情報

この資料の蔵書に関する統計情報です。現在の所蔵数 在庫数 予約数などを確認できます。

所蔵数 1 在庫数 0 予約数 0

書誌情報サマリ

書名

世界史としての「大東亜戦争」 (PHP新書)

著者名 細谷雄一/編著
出版者 PHP研究所
出版年月 2022.7
請求記号 2107/01372/


この資料に対する操作

カートに入れる を押すと この資料を 予約する候補として予約カートに追加します。

いますぐ予約する を押すと 認証後この資料をすぐに予約します。


登録する本棚ログインすると、マイ本棚が利用できます。


資料情報

各蔵書資料に関する詳細情報です。

No. 所蔵館 資料番号 資料種別 配架場所 別置 帯出 状態
1 2432708242一般和書一般開架 貸出中 

書誌詳細

この資料の書誌詳細情報です。

請求記号 2107/01372/
書名 世界史としての「大東亜戦争」 (PHP新書)
著者名 細谷雄一/編著
出版者 PHP研究所
出版年月 2022.7
ページ数 218p
大きさ 18cm
シリーズ名 PHP新書
シリーズ巻次 1316
ISBN 978-4-569-85251-5
分類 21075
一般件名 太平洋戦争(1941〜1945)
書誌種別 一般和書
内容紹介 大東亜戦争を国際史の視点から再検討し、「複合戦争」の全体像を俯瞰する。日本史、米国史、英国史、中国史、ドイツ史、ソ連史、フランス史などの第一人者の論考を収録。『Voice』掲載に書き下ろしを加えて書籍化。
タイトルコード 1002210029318

要旨 本書は「大東亜戦争」を、日本史や日米関係史の視座、あるいはアメリカ政府の視座である「太平洋史観」から解放し、さらには戦前の日本が戦争の肯定を試みた「大東亜戦争史観」からも解放して、国際史の視点から再検討する試みである。日本史、米国史、英国史、中国史、ドイツ史、ソ連史、フランス史、インテリジェンス研究などの第一人者の論考を収録する。例えば中西寛氏は1890年を20世紀の起点に置く歴史観を提唱し、大木毅氏は当初日本よりも中国との関係を重視していたドイツが日本と手を結んだ経緯を綴る。重層的な視点から「複合戦争」の全体像を俯瞰する。グローバルな視点を持たなければ、先の大戦の本質を見誤る。各分野の第一人者による15編。
目次 「先の大戦」を総括する新しい歴史的視座(細谷雄一)
二十世紀史のなかの第二次世界大戦と日本(中西寛)
中国と英国の秩序を超えようとした日本(松浦正孝)
避決定を貫徹できなかった日本(森山優)
ローズヴェルトの世界戦略と遺産(村田晃嗣)
イギリスのなかの親日派と抗日派(アントニー・ベスト)
蒋介石の外交戦略と中国共産党史観―「外交は無形の戦争論」の再評価(家近亮子)
ドイツの「転換」と三国同盟への道(大木毅)
スターリンの対日戦略、軍事大国の陥穽(花田智之)
ド・ゴールと第二次世界大戦―植民地帝国における戦後フランスの礎の構築(宮下雄一郎)
大日本帝国崩壊後も続く東アジアの激動(加藤聖文)
インテリジェンス比較―縦割りの日本、情報集約の英国(小谷賢)
帝国の喪失がもたらした民主主義(リチャード・オヴァリー)
ヨーロッパにおけるファシズムの浸透と競合(板橋拓己)
知識人たちの闘い―国際秩序の変動と国際協調という問い(森田吉彦)


内容細目表:

1 「先の大戦」を総括する新しい歴史的視座   3-14
細谷雄一/著
2 二十世紀史のなかの第二次世界大戦と日本   24-43
中西寛/著
3 中国と英国の秩序を超えようとした日本   44-58
松浦正孝/著
4 避決定を貫徹できなかった日本   59-72
森山優/著
5 ローズヴェルトの世界戦略と遺産   73-84
村田晃嗣/著
6 イギリスのなかの親日派と抗日派   85-96
アントニー・ベスト/著
7 蔣介石の外交戦略と中国共産党史観   「外交は無形の戦争論」の再評価   97-111
家近亮子/著
8 ドイツの「転換」と三国同盟への道   112-123
大木毅/著
9 スターリンの対日戦略、軍事大国の陥穽   124-135
花田智之/著
10 ド・ゴールと第二次世界大戦   植民地帝国における戦後フランスの礎の構築   136-148
宮下雄一郎/著
11 大日本帝国崩壊後も続く東アジアの激動   149-162
加藤聖文/著
12 インテリジェンス比較   縦割りの日米、情報集約の英国   163-176
小谷賢/著
13 帝国の喪失がもたらした民主主義   177-188
リチャード・オヴァリー/著
14 ヨーロッパにおけるファシズムの浸透と競合   189-201
板橋拓己/著
15 知識人たちの闘い   国際秩序の変動と国際協調という問い   202-214
森田吉彦/著
前のページへ

本文はここまでです。


ページの終わりです。