感染拡大防止のため、本を読む前、読んだ後は手を洗いましょう。みなさまのご協力をお願いします。
詳細はトップページの「重要なお知らせ」をご覧ください。

検索結果書誌詳細

  • 書誌の詳細です。 現在、この資料への予約は 6 件あります。
  • ・予約するときは「予約カートに入れる」ボタンをクリックしてください。予約するには図書館窓口で発行したパスワードが必要です。
    ・「予約カートに入れる」ボタンが出ない書誌には予約できません。
    詳しくは「マイページについて-インターネットで予約するには」をご覧ください。

蔵書情報

この資料の蔵書に関する統計情報です。現在の所蔵数 在庫数 予約数などを確認できます。

所蔵数 2 在庫数 0 予約数 6

書誌情報サマリ

書名

うちのネコ、ボクの目玉を食べちゃうの? お答えします!みんなが知りたい死体のコト

著者名 ケイトリン・ドーティ/著 十倉実佳子/訳
出版者 化学同人
出版年月 2021.8


この資料に対する操作

カートに入れる を押すと この資料を 予約する候補として予約カートに追加します。

いますぐ予約する を押すと 認証後この資料をすぐに予約します。


登録する本棚ログインすると、マイ本棚が利用できます。


資料情報

各蔵書資料に関する詳細情報です。

No. 所蔵館 資料番号 資料種別 配架場所 別置 帯出 状態
1 鶴舞0237916044一般和書1階開架ティーンズ貸出中 
2 3232485189一般和書一般開架 貸出中 

書誌詳細

この資料の書誌詳細情報です。

請求記号 4913/01469/
書名 うちのネコ、ボクの目玉を食べちゃうの? お答えします!みんなが知りたい死体のコト
著者名 ケイトリン・ドーティ/著   十倉実佳子/訳
出版者 化学同人
出版年月 2021.8
ページ数 278p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-7598-2155-0
原書名 原タイトル:Will my cat eat my eyeballs?
分類 491358
一般件名 生と死   葬制
書誌種別 一般和書
内容紹介 「死ぬとウンチが漏れる?」「変顔で死んだらそのまま固まっちゃうの?」「死ぬ直前にポップコーンを食べて火葬されたら?」 死体についての子どもたちからのドキっとする鋭い質問に、葬儀屋がユーモアたっぷりに答える。
書誌・年譜・年表 文献:p262〜278
タイトルコード 1002110044382

要旨 ベストセラー作家で葬祭ディレクターのケイトリン・ドーティのもとには、死についてたくさんの質問が寄せられますが、子どもたちからの疑問はドキッとする傑作ぞろい。そのなかの選りすぐりの質問にケイトリンが、ユーモアを交えつつズバッと答えます。陽気なケイトリン節で語られるのは、葬儀屋としての豊富な経験と科学的知識にもとづいた、死後の体がたどるべき運命のあれこれ。あなたが、死について疑問や恐怖をもっているなら、ぜひ読んでみてください。きっと死を見る目が変わるはず…。「死んだらどうなる」をめぐる愉快でマジメQ&A集。
目次 ボクが死んだらうちのネコはボクの目玉を食べちゃうの?
宇宙で宇宙飛行士が死んだらどうなる?
お父さんとお母さんが死んだら頭蓋骨をとっておきたいんだけど?
死体が勝手に立ち上がったりしゃべったりすることはある?
裏庭に埋めた犬を掘り起こしたらどうなってる?
ボクの死体も化石の昆虫みたいに琥珀に埋め込める?
死んだら身体の色が変わるのはどうして?
大人の体が火葬後にあんな小さな容れ物に納まるのはなぜ?
死んだらウンチが漏れるって本当?
“ビデンデンの乙女”みたいな結合双生児は死ぬときも一緒なの?〔ほか〕
著者情報 ドーティ,ケイトリン
 1984年ハワイ州オアフ島生まれ。シカゴ大学で中世史を学び、葬儀社に就職。「葬儀ディレクター」の資格を取得し、自身の葬儀会社「アンダーテイキングLA」を2015年に設立。著書『煙が目にしみる 火葬場が教えてくれたこと』(国書刊行会)と『世界のすごいお葬式』(新潮社)は、ニューヨークタイムズ紙ベストセラーとなる。YouTubeでは“Ask a Mortician(教えて葬儀屋さん)”というチャンネル名で投稿を続けているほか、“The Order of the Good Death(よき死の会)”の創始者でもある。ロサンゼルス在住(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
十倉 実佳子
 1973年、京都府生まれ。大学在学中に奨学生としてイタリア国立パドヴァ大学文学部へ留学。卒業後、朝日新聞インターナショナル社(ニューヨーク)でのインターンシップなどを経て、教材出版社および学術出版社に勤務。現在はフリーランスで翻訳に携わる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


内容細目表:

前のページへ

本文はここまでです。


ページの終わりです。