感染拡大防止のため、本を読む前、読んだ後は手を洗いましょう。みなさまのご協力をお願いします。
詳細はトップページの「重要なお知らせ」をご覧ください。

検索結果書誌詳細

  • 書誌の詳細です。 現在、この資料への予約は 71 件あります。
  • ・予約するときは「予約カートに入れる」ボタンをクリックしてください。予約するには図書館窓口で発行したパスワードが必要です。
    ・「予約カートに入れる」ボタンが出ない書誌には予約できません。
    詳しくは「マイページについて-インターネットで予約するには」をご覧ください。

蔵書情報

この資料の蔵書に関する統計情報です。現在の所蔵数 在庫数 予約数などを確認できます。

所蔵数 26 在庫数 0 予約数 71

書誌情報サマリ

書名

要訣 (講談社文庫)

著者名 上田秀人/[著]
出版者 講談社
出版年月 2021.6


この資料に対する操作

カートに入れる を押すと この資料を 予約する候補として予約カートに追加します。

いますぐ予約する を押すと 認証後この資料をすぐに予約します。


登録する本棚ログインすると、マイ本棚が利用できます。


資料情報

各蔵書資料に関する詳細情報です。

No. 所蔵館 資料番号 資料種別 配架場所 別置 帯出 状態
1 鶴舞0237909106一般和書1階開架 貸出中 
2 西2132551009一般和書一般開架 貸出中 
3 西2132554417一般和書一般開架 貸出中 
4 熱田2232435467一般和書一般開架文庫本貸出中 
5 2332305636一般和書一般開架 貸出中 
6 2432619894一般和書一般開架文庫本貸出中 
7 2432621270一般和書一般開架文庫本貸出中 
8 中村2532310683一般和書一般開架文庫本貸出中 
9 2632439028一般和書一般開架文庫本貸出中 
10 2732382292一般和書一般開架 貸出中 
11 千種2832246249一般和書一般開架 貸出中 
12 瑞穂2932489731一般和書一般開架 貸出中 
13 瑞穂2932498518一般和書一般開架 貸出中 
14 中川3032406658一般和書一般開架 貸出中 
15 守山3132555644一般和書一般開架文庫本貸出中 
16 守山3132560297一般和書一般開架文庫本貸出中 
17 3232474225一般和書一般開架 貸出中 
18 名東3332649312一般和書一般開架 貸出中 
19 名東3332649940一般和書一般開架 貸出中 
20 天白3432438053一般和書一般開架 貸出中 
21 山田4130885256一般和書一般開架 貸出中 
22 南陽4230971410一般和書一般開架 貸出中 
23 4331516627一般和書一般開架文庫本貸出中 
24 富田4431455361一般和書一般開架 貸出中 
25 志段味4530906645一般和書一般開架 貸出中 
26 徳重4630724765一般和書一般開架 貸出中 

書誌詳細

この資料の書誌詳細情報です。

請求記号 F7/02852/
書名 要訣 (講談社文庫)
著者名 上田秀人/[著]
出版者 講談社
出版年月 2021.6
ページ数 350p
大きさ 15cm
シリーズ名 講談社文庫
シリーズ巻次 う57-36
シリーズ名 百万石の留守居役
シリーズ巻次 17
ISBN 978-4-06-523811-0
分類 9136
書誌種別 一般和書
内容紹介 瀬能数馬の妻・琴が、一度離縁された紀州藩の家臣から再嫁を求められる。その裏に潜む意図を思索する数馬に対して、紀州藩主・徳川光貞が、想定外の揺さぶりをかけてくる。そして数馬の周囲に魔手が…。シリーズ完結。
タイトルコード 1002110031335

要旨 加賀藩宿老・本多政長の打ち手が奏功し、政長の嫡男・主殿が藩内で地歩を固めた。数馬の妻・琴が、一度離縁された紀州藩の家臣から再嫁を求められる。その裏に潜む意図を思索する数馬に対して、紀州藩主・徳川光貞が、想定外の揺さぶりをかけてくる。数馬の周囲に魔手が!人気シリーズ、遂に完結。
著者情報 上田 秀人
 1959年大阪府生まれ。大阪歯科大学卒。’97年小説CLUB新人賞佳作。歴史知識に裏打ちされた骨太の作風で注目を集める。講談社文庫の「奥右筆秘帳」シリーズは、「この時代小説がすごい!」(宝島社刊)で、2009年版、2014年版と二度にわたり文庫シリーズ第一位に輝き、第3回歴史時代作家クラブ賞シリーズ賞も受賞。歴史小説にも取り組み、『孤闘立花宗茂』(中公文庫)で第16回中山義秀文学賞を受賞。総部数は1000万部を突破(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


内容細目表:

前のページへ

本文はここまでです。


ページの終わりです。