感染拡大防止のため、本を読む前、読んだ後は手を洗いましょう。みなさまのご協力をお願いします。
詳細はトップページの「重要なお知らせ」をご覧ください。

検索結果書誌詳細

  • 書誌の詳細です。 現在、この資料への予約は 0 件あります。
  • ・予約するときは「予約カートに入れる」ボタンをクリックしてください。予約するには図書館窓口で発行したパスワードが必要です。
    ・「予約カートに入れる」ボタンが出ない書誌には予約できません。
    詳しくは「マイページについて-インターネットで予約するには」をご覧ください。

蔵書情報

この資料の蔵書に関する統計情報です。現在の所蔵数 在庫数 予約数などを確認できます。

所蔵数 1 在庫数 0 予約数 0

書誌情報サマリ

書名

赤い死の舞踏会 (中公文庫)

著者名 エドガー・アラン・ポー/著 吉田健一/訳
出版者 中央公論新社
出版年月 2021.4


この資料に対する操作

カートに入れる を押すと この資料を 予約する候補として予約カートに追加します。

いますぐ予約する を押すと 認証後この資料をすぐに予約します。


登録する本棚ログインすると、マイ本棚が利用できます。


資料情報

各蔵書資料に関する詳細情報です。

No. 所蔵館 資料番号 資料種別 配架場所 別置 帯出 状態
1 西2132562329一般和書一般開架 貸出中 

書誌詳細

この資料の書誌詳細情報です。

請求記号 933/21627/
書名 赤い死の舞踏会 (中公文庫)
著者名 エドガー・アラン・ポー/著   吉田健一/訳
出版者 中央公論新社
出版年月 2021.4
ページ数 357p
大きさ 16cm
シリーズ名 中公文庫
シリーズ巻次 ホ3-4
ISBN 978-4-12-207061-5
一般注記 付:覚書(マルジナリア)
分類 9336
書誌種別 一般和書
内容紹介 疫病が蔓延する中、千人の友達と僧院に避難したプロスペロ公は仮装舞踏会を催した。そこへ現れたひとりの人物が、人々の間に狼狽と恐怖と嫌悪を呼び起こす-。表題作ほか短篇小説全10篇と、「覚書(マルジナリア)」を収録。
タイトルコード 1002110006488

要旨 疫病が蔓延するなか、千人の友達と僧院に避難したプロスペロ公は壮麗な仮装舞踏会を催した。そこへ現れたひとりの人物が人々の間に狼狽と恐怖と嫌悪を呼び起こす―感染症に怯える人々を描いた表題作のほか、「メッツェンガアシュタイン」など短篇小説十篇と、蔵書の行間に書き込んだ思考の断片「覚書(マルジナリア)」を収録。
著者情報 ポー,エドガー・アラン
 アメリカの小説家・詩人。1809年、ボストン生まれ。雑誌編集のかたわら詩や短篇小説を発表。史上初の推理小説、また怪奇小説の傑作を残し、それらの分野の発展に多大な功績を残した。詩や文芸評論においても高い評価を受けている。1849年没(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
吉田 健一
 1912年(明治45)、東京に生まれる。吉田茂元首相の長男。暁星中学を卒業ののち、英国ケンブリッジ大学に学ぶ。ロレンス、ヴァレリー等、英仏にわたる翻訳、文芸批評、小説など多彩な文筆活動を行う。『シェイクスピア』『瓦礫の中』で読売文学賞、『日本について』で新潮社文学賞、『ヨオロッパの世紀末』で野間文芸賞を受賞。著書多数。1977年(昭和52)没(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


内容細目表:

1 ベレニイス   7-22
2 影   23-28
3 メッツェンガアシュタイン   29-44
4 リジイア   47-75
5 沈黙   77-83
6 アッシャア家の没落   85-118
7 群衆の人   119-135
8 赤い死の舞踏会   137-148
9 アモンティラドの樽   151-164
10 シンガム・ボッブ氏の文学と生涯   『グースゼラムフードル』誌元編輯長の自叙伝   165-195
11 覚書(マルジナリア)   197-345
前のページへ

本文はここまでです。


ページの終わりです。