感染拡大防止のため、本を読む前、読んだ後は手を洗いましょう。みなさまのご協力をお願いします。
詳細はトップページの「重要なお知らせ」をご覧ください。

検索結果書誌詳細

  • 書誌の詳細です。 現在、この資料への予約は 69 件あります。
  • ・予約するときは「予約カートに入れる」ボタンをクリックしてください。予約するには図書館窓口で発行したパスワードが必要です。
    ・「予約カートに入れる」ボタンが出ない書誌には予約できません。
    詳しくは「マイページについて-インターネットで予約するには」をご覧ください。

蔵書情報

この資料の蔵書に関する統計情報です。現在の所蔵数 在庫数 予約数などを確認できます。

所蔵数 3 在庫数 0 予約数 69

書誌情報サマリ

書名

何歳からでも丸まった背中が2カ月で伸びる! 背筋の衰えで「頭を支えられない」から猫背になるメカニズム

著者名 安保雅博/著 中山恭秀/著
出版者 すばる舎
出版年月 2019.10


この資料に対する操作

カートに入れる を押すと この資料を 予約する候補として予約カートに追加します。

いますぐ予約する を押すと 認証後この資料をすぐに予約します。


登録する本棚ログインすると、マイ本棚が利用できます。


資料情報

各蔵書資料に関する詳細情報です。

No. 所蔵館 資料番号 資料種別 配架場所 別置 帯出 状態
1 西2132524568一般和書一般開架暮らしの本貸出中 
2 2432585855一般和書一般開架 貸出中 
3 徳重4630736645一般和書一般開架暮らしの本貸出中 

書誌詳細

この資料の書誌詳細情報です。

請求記号 4983/04117/
書名 何歳からでも丸まった背中が2カ月で伸びる! 背筋の衰えで「頭を支えられない」から猫背になるメカニズム
著者名 安保雅博/著   中山恭秀/著
出版者 すばる舎
出版年月 2019.10
ページ数 126p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-7991-0838-3
分類 4983
一般件名 姿勢   筋力トレーニング
書誌種別 一般和書
内容紹介 背中が丸くなる大きな原因は、背筋力の衰え。「最近ちょっと猫背になってきた」「肩周りが痛い」という人のために、みるみる背中の筋肉がよみがえる「ズボラ筋トレ」を紹介。女性に多い脊椎圧迫骨折についても解説する。
タイトルコード 1001910074319

要旨 “寝たまま”できる筋トレでみるみる背中の筋肉がよみがえる!慈恵医大リハ式メソッド大公開!女性に多い脊椎圧迫骨折についても解説。
目次 第1章 「最近なんだか背中が丸くなってきた…」の正体(「鏡を見たら、なんだか背中が丸い」「姿勢が悪くなった」…
背中が丸くなる主な原因は「背筋力」の衰え ほか)
第2章 姿勢をまっすぐにしづらいのは「背筋力」の衰え(背中の筋肉に意識を向けたことはありますか?
「あるのが当たり前」だった筋肉も、年とともに衰える ほか)
第3章 超簡単で効果抜群!2ヵ月で背中が伸びるズボラ筋トレ(背筋の筋トレは寝たまま・座ったままできるものが多い
背筋に効く!ズボラ筋トレ1 うつぶせで肘をつき、上半身を起こす ほか)
第4章 背中が曲がるもうひとつの原因、「圧迫骨折」を防ぐ方法(高齢者の骨折を引き起こす「骨粗鬆症」とは
骨は密度だけでなく質も重要 ほか)
著者情報 安保 雅博
 リハビリテーション科医/博士(医学)。東京慈恵会医科大学附属病院副院長。リハビリテーション科診療部長。1990年東京慈恵会医科大学卒業。1998年〜2000年までスウェーデンのカロリンスカ研究所に留学。2007年よりリハビリテーション医学講座主任教授。2016年、同病院副院長に就任。リハビリテーション治療のパイオニア。脳卒中後遺症が専門。重度麻痺に対する筋肉注射のボツリヌス療法は有名。これまで1万5000回以上の施行を行う。軽度及び中等度の麻痺に対する、反復性経頭蓋磁気刺激療法と集中的リハビリを組み合わせた、治療体系NEUROを世界で初めて施行し、成功。東京都から指定を受けた地域リハビリテーション支援センターとして、地域集会所で出前講座を80回以上開催。多くの高齢者に「寝たきり予防法」を伝えてきた(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
中山 恭秀
 理学療法士/博士(リハビリテーション科学)。東京慈恵会医科大学附属病院リハビリテーション科技師長。広島大学医学部客員教授。1992年に東京都立医療技術短期大学卒業。1998年に明治学院大学卒業、2001年に筑波大学大学院リハビリテーションコース修了、2012年に筑波大学大学院人間総合学科研究科修了。2013年から分院技師長を経て現職。4つある附属病院の統括所属長として、多くの理学療法士や作業療法士等を束ねる。臨床業務や後進の指導に奔走する傍ら、講習会や講演、大学での非常勤講師、連載執筆、所属学会の雑誌編集や論文査読委員、学術大会におけるシンポジストや座長なども積極的に行っている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


内容細目表:

前のページへ

本文はここまでです。


ページの終わりです。