感染拡大防止のため、本を読む前、読んだ後は手を洗いましょう。みなさまのご協力をお願いします。
千種図書館は工事のため、令和4年8月4日から臨時休館します。
詳細はトップページの「重要なお知らせ」をご覧ください。

検索結果書誌詳細

  • 書誌の詳細です。 現在、この資料への予約は 0 件あります。
  • ・予約するときは「予約カートに入れる」ボタンをクリックしてください。予約するには図書館窓口で発行したパスワードが必要です。
    ・「予約カートに入れる」ボタンが出ない書誌には予約できません。
    詳しくは「マイページについて-インターネットで予約するには」をご覧ください。

蔵書情報

この資料の蔵書に関する統計情報です。現在の所蔵数 在庫数 予約数などを確認できます。

所蔵数 1 在庫数 1 予約数 0

書誌情報サマリ

書名

「分かち合い」社会の構想 連帯と共助のために

著者名 神野直彦/編 井手英策/編 連合総合生活開発研究所/編
出版者 岩波書店
出版年月 2017.9
請求記号 364/01121/


この資料に対する操作

カートに入れる を押すと この資料を 予約する候補として予約カートに追加します。

いますぐ予約する を押すと 認証後この資料をすぐに予約します。


登録する本棚ログインすると、マイ本棚が利用できます。


資料情報

各蔵書資料に関する詳細情報です。

No. 所蔵館 資料番号 資料種別 配架場所 別置 帯出 状態
1 鶴舞0237206149一般和書2階開架人文・社会在庫 

書誌詳細

この資料の書誌詳細情報です。

請求記号 364/01121/
書名 「分かち合い」社会の構想 連帯と共助のために
著者名 神野直彦/編   井手英策/編   連合総合生活開発研究所/編
出版者 岩波書店
出版年月 2017.9
ページ数 11,240p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-00-061218-0
分類 36404
一般件名 社会保障
書誌種別 一般和書
内容紹介 ポピュリズムや排外主義が世界を覆うなか、他者の痛みを分かち合い、お互いが支え合える社会はどうすれば可能か。気鋭の学者らが労働、生活保障、教育、地域社会などの視点から、人間らしい社会への道筋を具体的に構想する。
タイトルコード 1001710051223

要旨 ポピュリズムや排外主義が世界を覆うなか、他者の痛みを分かち合い、お互いが支え合える社会はどうすれば可能か。気鋭の学者らが討議を重ね、労働、環境、生活保障、教育、地域社会、政治、財政の視点から、人間らしい社会への道筋を具体的に構想する。
目次 序章 「分断」と「奪い合い」を越えて―どんな社会を目指すのか
第1章 雇用・労働における「自己決定」の確立
第2章 環境保全型社会と福祉社会の統合
第3章 リスク社会における新たな生活保障―ライフステージの変化を基軸に
第4章 誰もが質の高い教育をひとしく受けられる社会
第5章 自律と支え合いによる農村の再生―都市と農村の二項対立を越えて
第6章 “私たち”による社会へ―参加型民主主義の構築のために
第7章 「奪い合い」から「分かち合い」の財政へ
終章 「分かち合い」社会の可能性
著者情報 神野 直彦
 1946年生まれ。東京大学経済学部卒業後、1981年東京大学大学院経済学研究科博士課程修了単位取得退学。現在、日本社会事業大学学長、東京大学名誉教授。財政学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
井手 英策
 1972年生まれ。東京大学経済学部卒業後、2000年東京大学大学院経済学研究科博士課程修了。現在、慶應義塾大学経済学部教授。財政学。著書に『経済の時代の終焉』(岩波書店、第15回大佛次郎論壇賞)など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


内容細目表:

1 「分断」と「奪い合い」を越えて   どんな社会を目指すのか   1-23
神野 直彦/著
2 雇用・労働における「自己決定」の確立   25-57
禿 あや美/著
3 環境保全型社会と福祉社会の統合   59-86
伊藤 康/著
4 リスク社会における新たな生活保障   ライフステージの変化を基軸に   87-108
松本 淳/著
5 誰もが質の高い教育をひとしく受けられる社会   109-138
広田 照幸/著
6 自律と支え合いによる農村の再生   都市と農村の二項対立を越えて   139-170
坂本 誠/著
7 <私たち>による社会へ   参加型民主主義の構築のために   171-198
田村 哲樹/著
8 「奪い合い」から「分かち合い」の財政へ   199-227
井手 英策/著
9 「分かち合い」社会の可能性   229-240
井手 英策/著
前のページへ

本文はここまでです。


ページの終わりです。