感染拡大防止のため、本を読む前、読んだ後は手を洗いましょう。みなさまのご協力をお願いします。
詳細はトップページの「重要なお知らせ」をご覧ください。

検索結果書誌詳細

  • 書誌の詳細です。 現在、この資料への予約は 0 件あります。
  • ・予約するときは「予約カートに入れる」ボタンをクリックしてください。予約するには図書館窓口で発行したパスワードが必要です。
    ・「予約カートに入れる」ボタンが出ない書誌には予約できません。
    詳しくは「マイページについて-インターネットで予約するには」をご覧ください。

蔵書情報

この資料の蔵書に関する統計情報です。現在の所蔵数 在庫数 予約数などを確認できます。

所蔵数 16 在庫数 16 予約数 0

書誌情報サマリ

書名

なぜ、コメダ珈琲店はいつも行列なのか?

著者名 高井尚之/著
出版者 プレジデント社
出版年月 2016.11


この資料に対する操作

カートに入れる を押すと この資料を 予約する候補として予約カートに追加します。

いますぐ予約する を押すと 認証後この資料をすぐに予約します。


登録する本棚ログインすると、マイ本棚が利用できます。


資料情報

各蔵書資料に関する詳細情報です。

No. 所蔵館 資料番号 資料種別 配架場所 別置 帯出 状態
1 鶴舞0237035324一般和書1階開架 在庫 
2 鶴舞0237015680一般和書2階開架郷土資料禁帯出在庫 
3 西2132306529一般和書一般開架 在庫 
4 熱田2232181970一般和書一般開架 在庫 
5 2432306872一般和書一般開架 在庫 
6 2632181646一般和書一般開架 在庫 
7 瑞穂2932166719一般和書一般開架 在庫 
8 守山3132330014一般和書一般開架暮らしの本在庫 
9 3232235170一般和書一般開架 在庫 
10 名東3332376643一般和書一般開架 在庫 
11 山田4130706650一般和書一般開架 在庫 
12 南陽4230803373一般和書一般開架 在庫 
13 4331326035一般和書一般開架 在庫 
14 富田4431298084一般和書一般開架 在庫 
15 志段味4530749987一般和書一般開架 在庫 
16 徳重4630465450一般和書一般開架 在庫 

書誌詳細

この資料の書誌詳細情報です。

請求記号 A67/00126/
書名 なぜ、コメダ珈琲店はいつも行列なのか?
著者名 高井尚之/著
出版者 プレジデント社
出版年月 2016.11
ページ数 127p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-8334-2203-1
分類 A673
一般件名 コメダ
書誌種別 一般和書
内容紹介 なぜ、「お客の滞在時間」が長くても儲かるのか? なぜ、看板メニュー「シロノワール」が生まれたのか? 日本のカフェ業界で存在感を増しているコメダ珈琲店のひみつを探る。創業者のインタビューも掲載。
書誌・年譜・年表 「コメダ」と「コメダ珈琲店」のあゆみ:p127
タイトルコード 1001610066213

要旨 「コメダ珈琲店」人気の秘密を大解剖!「昭和レトロなコーヒー」と「ボリュームたっぷりパンメニュー」、全世代の心をつかむ接客のアイデア、“アンチスタバ派”が好きな「昭和型喫茶店」の魅力―コメダの企業としての「強み」を大解明!
目次 第1章 「コメダ珈琲店」人気の秘密を大解剖!(なぜ、「コメダ珈琲店」は人気なのか?
なぜ、コメダは「お客の滞在時間」が長くても儲かるのか? ほか)
第2章 「昭和レトロなコーヒー」と「ボリュームたっぷりパンメニュー」(なぜ、コメダは「喫茶店」でなく「珈琲店」なのか?
なぜ、アイスコーヒーの基本はガムシロップ入りなのか? ほか)
第3章 全世代の心をつかむ接客のアイデア(なぜ、店舗では「マニュアル重視」の接客をしないのか?
なぜ、店舗スタッフは朝礼で「顔の体操」をするのか? ほか)
第4章 “アンチスタバ派”が好きな「昭和型喫茶店」の魅力(なぜ、「スタバでは落ち着けない」人が一定層いるのか?
なぜ、コメダには「舌をかみそうなメニューがない」のか? ほか)
第5章 コメダの企業としての「強み」を大解明!(なぜ、これだけ「東日本や西日本に出店」できるのか?
全部で70日超!競合の3倍時間をかける「コメダの店舗研修」 ほか)
著者情報 高井 尚之
 経済ジャーナリスト・経営コンサルタント。1962年名古屋市生まれ。(株)日本実業出版社の編集者、花王(株)情報作成部・企画ライターを経て2004年から現職。出版社とメーカーでの組織人経験を生かし、大企業・中小企業の経営者や幹部、担当者の取材をし続ける(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


内容細目表:

前のページへ

本文はここまでです。


ページの終わりです。