ほんのてんじ

みずほ図書館 「猫(ねこ)にもなれば虎(とら)にもなる」≪てんじ期間:2月20日(土)~3月18日(木)≫

2021年2月21日

てんじ期間:2021年2月20日(土よう日)~2021年3月18日(木よう日)

展示の様子

2月22日はネコの日です。2000年くらい前から日本にいるともいわれるネコは、「猫に小判(こばん)」「猫にカツオブシ」など、いろんなことわざにも出てきます。今回はそんなことわざの一つから、ネコとトラの本をあつめました。

てんじしている本
本のなまえかいたひと出版社しょうかい
おちゃのじかんにきたとら ジュディス・カー/作,晴海耕平/訳 童話館出版 おちゃのじかんに、おおきなとらが「ごいっしょさせていただけませんか?」とやってきました。おなかをすかせていたとらは、いえじゅうのものをぜんぶたべてしまいます。
ネコの家庭教師 南部和也/さく,さとうあや/え 福音館書店 ネコのベスは、森で出会ったトリア姫に拾われました。でも、姫は「10歳になるまでイヌやネコを飼うことができない」という決まりがあったのです。そこでベスは、姫の家庭教師としていっしょにいることにしました。
猫さまとぼく 岩合光昭/文・写真 岩波書店 なぜ、猫を撮りつづけるのか。写真家としての猫との出会いを、世界中の街角で生きる猫の写真とともに語ります。

| お問合せ先 | アクセシビリティについて | 個人情報の取り扱いについて | ソーシャルメディアアカウント運用ポリシーについて | 免責事項について |

Copyright (c) 2008 - Nagoya City Library. All rights reserved.