ほんのてんじ

みずほ図書館 「空を見あげて」≪てんじ期間:11月21日(土)~12月17日(木)≫

2020年11月25日

てんじ期間:2020年11月21日(土よう日)~12月17日(木よう日)

展示の様子

「鳥みたいに、空をとびまわってみたい」みんな、一度はそう思ったことがあることでしょう。1903年12月17日、世界ではじめてライト兄弟がひこうきで空をとんでから、人間は科学の力で世界中をとびまわれるようになりました。それでも、今も空はみんなのあこがれの場所です。そんな空の本をあつめてみました。

てんじしている本
本のなまえかいたひと出版社しょうかい
ああ、たいくつだ! ピーター・スピアー/さく,松川真弓/やく 評論社 なんにもすることがないと、たいくつしていたふたごは、おかあさんにそとへおいだされてしまいました。そこでふたりがみつけたのは、つかわれていないプロペラ。このプロペラから、いったいなにができるのでしょう?
こぎつねキッペのそらのたび 今村葦子/作,降矢奈々/絵 ポプラ社 キッペは、りょううでをぱたぱたさせて、そらをとぶれんしゅうをしていました。そして、キッペはとんだのです。いいえ、よくまげた木に、そらにはねとばされてしまったのです!
ライト兄弟はなぜ飛べたのか 紙飛行機で知る成功のひみつ 土佐幸子/著 さ・え・ら書房 自転車屋だったライト兄弟が、なぜ世界のだれよりも早く飛ぶことができたのでしょうか。その工夫を、紙飛行機を作りながら、さぐってみましょう。

| お問合せ先 | アクセシビリティについて | 個人情報の取り扱いについて | ソーシャルメディアアカウント運用ポリシーについて | 免責事項について |

Copyright (c) 2008 - Nagoya City Library. All rights reserved.